デイリーランキング

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

ビジネス活用事例

2019/02/15 19:00

XRトレーニングによるコスト削減は年間1.5兆円 多数の企業が取り組む

統計・データ

2019/02/15 12:00

VRで交通事故を体験、安全意識高める 大分県警察ら共同制作

ビジネス活用事例

2019/02/15 11:30

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視覚障害者も“触って鑑賞”、ミロのヴィーナスやダビデ像を触覚で再現

世界には数々の芸術作品がありますが、その大半は“見て”鑑賞することを前提としています。それゆえ視覚に障害を持つ人たちは、芸術鑑賞に困難を伴うケースが多くみられます。このような人たちが芸術を楽しむ体験を豊かにしようと、VRを使って芸術作品に“触れて見る”取り組みがなされています。では、どのような技術が鑑賞を助けているのでしょうか。

様々な触覚フィードバックで質感を再現

スペインのスタートアップNeuroDigitalやプラハ国立美術館らが協力して製作したのは、VRコンテンツ「Touching Masterpieces」です。視覚障害者が芸術作品を”見て”鑑賞することを実現しようとしています。

このコンテンツでは触覚グローブを着けて空間に手を伸ばすと、あたかもそこに芸術作品が存在するかのように、触れている感覚が再現されます。VRヘッドセットの装着は不要です。

現在コンテンツに収録されている作品は、「ミロのヴィーナス」、ミケランジェロの「ダヴィデ像」、「ネフェルティティの胸像」の3点。開発者は、UV展開とリトポロジー(ポリゴンメッシュの再構成)により、作品の3Dレーザースキャンデータを編集しました。また作品の臀部、唇、目などの陰の部分を、振動のパターンによって再現しています。これによって、細かな質感まで鑑賞者に伝え、リアルに触れる鑑賞を実現しています。

この“触れる”体験に使われているのは、NeuroDigitalの触覚グローブ「Avatar VR」です。細かな触覚フィードバックをユーザーに返すことで、鑑賞者は細部まで触って理解することができます。

今回収録された3点の作品だけで、実に1,024パターンもの異なる触覚フィードバックが用意されています。ユーザーの脳は本物に触れているかのように感じ、視覚障害者でも、触覚を通して芸術作品を”見る”体験が可能になります。

芸術作品を”見る”ことができた

体験者の一人はBBCの取材に対し、「作品に触れたときの振動(触覚フィードバック)によって、どの部分に触れているのかを理解することができました。普段は決して見ることができないものを”見る”ことができて、とても嬉しく思います」と話しました。

https://www.youtube.com/watch?v=QRN64EBV5co

この「Touching Masterpieces」は、今年3月にプラハ国立美術館で公開されました。Touching Masterpiecesのウェブサイトにアクセスすれば、現在でも無料で鑑賞することができます(ただし、触覚グローブは別で用意が必要です)。

(参考)VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

誰でも3Dキャラを作れる無料アプリ、大ヒットVRゲーム「Beat Saber」インタビューなど – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2018/07/09 11:30 業界動向

実践者が語る プロ向け360度カメラの選び方と撮影のコツ

2018/07/09 11:30 イベント情報