デイリーランキング

VR/AR対応スーツ型デバイスが国内展開、Valveが無線VRヘッドセット開発中か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/11 08:00

自宅から150年の歴史を見る。KDDIが「バーチャルミュージアム」公開

活用事例

2020/08/11 11:30

VR/AR対応 全身体感のスーツ型デバイス「TESLASUIT」国内取り扱い開始

テック

2020/08/04 18:30

WebからVR/ARをビジュアルプログラミング。国産の教育向けソフト「BLOCKVROCK」

テック

2020/08/11 19:30

「フォートナイト」のエピックゲームズ、約1,800億円を調達。一部はソニー出資

投資

2020/08/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

クレーンメーカーのタダノ、8K実写の安全教育VRコンテンツを導入

世界大手の建設用クレーンメーカー、株式会社タダノは、株式会社アルファコードによる8Kの実写VR映像を用いた安全教育コンテンツ「安全教育ツール360°VR」を導入します。本コンテンツはアルファコードが企画や撮影、編集および再生環境構築を行っており、タダノでの安全教育に用いられます。


(タイヤに挟まれてしまう事故の様子をVRで再現)

安全教育ツール360°VRとは

起こりやすい重大な事故をVRを通じて体験することにより、作業中の事故を未然に防ぐ目的で制作された、タダノのサービス員向け安全教育コンテンツです。

不注意によりタイヤに挟まれてしまう様子や、空車時定格総荷重をオーバーした状態で旋回したクレーンが横転する様子を、VR空間内で体験できます。コンテンツの再生には、専用のVR動画再生ソフトウェア「VRider Player」が導入され、8KのVR動画を8K画質のまま再生可能です。


(クレーンが横転する危険な場面の様子。事前に危険を確認することで安全意識を高め、防止につなげる)

コンテンツの特徴

VRコンテンツの大きな特徴は、内容にストーリー性を持たせ、事故発生の原因を体感できる構成です。従来のテキストやビデオでの学習は、文字情報や映像から状況を想像する必要があります。一方VRは空間内に入って実際に体験できるため記憶に残りやすく、安全教育として効果的な手段だと期待されています。

また、フルハイビジョンの約16倍となる高精細な8KのVR動画を使用することにより没入感や臨場感が高まるため、より現実に近い体験を得ることができます。今回のコンテンツはその第一弾となり、アルファコードとタダノは今後も連携をして、安全教育を促進するためのVRコンテンツ制作を行っていく予定です。

本コンテンツは2018年5月9日から11日、東京ビッグサイトで開催される「ソフトウェア&アプリ開発展」のアルファコードブースで体験できます。

第27回ソフトウェア&アプリ開発展(Japan IT Week 春)詳細

開催期間

2018年5月9日(水)~11日(金)
10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)

会場

東京ビッグサイト

アルファコード ブース No

東11-37

公式サイト

http://www.sodec.jp/

(参考)株式会社アルファコードプレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

グリー、バーチャルYouTuberのオーディション開催 ピクシブ・バイドゥと共同

2018/04/24 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

バーチャルキャラクターになれる「パペ文字」がアプデ、背景設定など追加

2018/04/24 19:00 ゲーム・アプリ