ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRと視線追跡技術で脳震盪を検出 米企業が350万ドル調達

米国カリフォルニア州バークレーを拠点とし、アイトラッキング(視線追跡)技術や脳科学の研究を行う「SyncThink」が、シリーズAで350万ドル(約3.8億円)の資金調達を行いました。調達された資金は脳震盪を測定したり、脳の健康状態を測定するアイトラッキング技術の研究開発に当てられます。

脳科外科医が創業

SyncThinkは、脳神経外科医のJamshid Ghajar氏が2009年に創設しました。アイトラッキング技術と脳科学についての研究に長年取り組み、多くの特許を取得しています。そして2016年にはVRを利用して眼球運動障害を記録、表示、分析する頭部装着型のアイトラッキングデバイス「EYE-SYNC」を開発しました。

VRヘッドセットでスポーツ中の脳震とうを検出 アメリカで導入始まる | Mogura VR

VRヘッドセットでスポーツ中の脳震とうを検出 アメリカで導入始まる | Mogura VR

MoguraVR

視線を追跡し脳の健康状態を判定

EYE-SYNCを装着すると暗闇に円を描きながら移動する点を見ることができます。その点を追随する眼球の動きを分析することで、脳震盪の疑いの有無を計測します。

また、2016年の発表当初では脳震盪の診断のみを行っていましたが、現在は脳の健康状態を調べるための改良が加えられています。

https://www.youtube.com/watch?v=vYwXUIdBiPY

研究開発も加速へ

アメリカンフットボールやバスケットボールなど接触を伴うスポーツは、脳震盪のリスクと隣り合わせです。EYE-SYNCは生命に危険な状態を素早く検知し、適切な対応を迅速に行う大きな助けとなる可能性を秘めています。

同社は全米プロバスケットボール協会(NBA)の強豪ゴールデンステート・ウォリアーズとのパートナーシップを結び、EYE-SYNCの普及に関する取組を初めました。今回の資金調達によって、これらの取組が加速し、多くの命を救うプロダクトになっていくことが期待されます。

(SyncThink公式ページ)
https://syncthink.com/

(参考)
SyncThink Closes $3.5 Million Series A Funding to Further Develop VR-based Concussion Detection – Road to VR
https://www.roadtovr.com/concussion-tech-closes-series-a-round/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

田口大智

明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース