デイリーランキング

ナイアンティックは、ついに「ポケモンGO」にARマップを導入。“惑星規模のAR”に一歩

業界動向

2020/05/27 17:33

“中国のNetflix”が一体型VRヘッドセットを発売。4K対応で約6万円

業界動向

2020/05/28 11:30

「Looking Glass 8K」が出荷開始 世界最大級、32インチの3D裸眼立体視ディスプレイ

業界動向

2020/05/28 15:00

コントローラー不要の一体型VRヘッドセット「Mova」登場、HTC前CEO設立の企業から

業界動向

2020/05/27 12:15

HPの新型MRヘッドセット「Reverb G2」発表、600ドルで2020年秋発売

業界動向

2020/05/29 11:30 New

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

平昌五輪に向けてVRでスキートレーニング コースを体で覚える

VRを利用したスポーツトレーニングシステムを開発するSTRIVRは、新たにアメリカのスキー&スノーボード全国団体のハイパフォーマンス部門との提携を発表しました。2018年韓国平昌での冬季オリンピックに向けて、実際に使用されるコースの感触をシミュレートする目的で活用されています。

実際のコースをVRで体感

STRIVRは、アメリカンフットボールリーグのNFLと協力して審判のトレーニングシステムを開発するなど、スポーツ業界に向けた体感型学習システムを提供しています。

今回発表されたスキー&スノーボード団体との提携では、今年行われる平昌オリンピックに向け、実際に選手が滑走するコースの360度撮影が行われました。

これまでのオリンピック競技では、各選手はコースをテストするために、数時間~1日程度の事前トレーニングを行っていました。一方STRIVRのトレーニングシステムを導入することで、実際に使うコースを繰り返し体感し、じっくりと覚えることが可能になります。

選手は実際に滑走する視点から、以下のような映像を体験することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=B2kXtJNGA8I

好きなだけ繰り返し練習が可能

STRIVRのチーフストラテジーオフィサーDanny Belch氏は米メディアUploadVRの記者への回答で以下のように語っています。

「各レースでは、レース日の前に1~2日の“検査日”が用意されます。その間、選手とコーチはコースを実際に滑走し、アナリストはコースを測定、また通常はコースの2D撮影などを行います。

米国スキー&スノーボード団体の協力で、今回はSTRIVRで4K・90FPSの360度撮影を行いました。選手は検査日の数時間だけではなく、当日までに好きなだけシミュレーションを行うことができます。大きい大会では、こうした検査日は大会の数ヶ月から数年前に行われることもあります」

STRIVRは、2015年にNFLのダラス・カウボーイズと提携してVRトレーニングを手がけ始めました。2016年末には500万ドルの資金調達に成功、その後もウォルマートと提携するなど、VRを用いた学習・トレーニングシステム事業を推し進めています。

(参考)
Olympic Athletes Are Using STRIVR To Train For 2018 Winter Games / UploadVR(英語)
https://uploadvr.com/vr-2018-winter-games/



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


ダボス会議がVR導入 各国リーダーに地球規模の問題を意識づけ

2018/01/25 11:30 活用事例

「AR×謎解き」親子で遊べる新アトラクション

2018/01/25 11:30 イベント情報