デイリーランキング

突如現れたドコモの「軽量ディスプレイグラス」開発担当者に狙いを聞く

テック

2021/02/26 19:00

リコーの360度カメラ「THETA Z1」が完売 部品が入手困難に

テック

2021/02/26 15:15

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ノーコードかつWebブラウザだけでARコンテンツが作れる「WorkLink Create」

開発

2021/02/26 11:30

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Steamの月例VRデバイス調査が発表、VALVE INDEXの利用率はOculus Rift超えに

Steamのハードウェア利用状況調査の2020年7月版が公開されました。7月のデータからは、VALVE INDEX(バルブ・インデックス)を使用するユーザー数がさらに増加し、初代Oculus Riftのシェア率を上回ったことが明らかにされています。

VALVE INDEXがRiftを追い抜く

2020年7月のVALVE INDEX(以下INDEX)のシェア率は14.45%。昨月比で1,55%上昇しました。今月のOculus Riftのシェア率は13.63%で、0.82%、INDEXユーザーの数が多くなっています。

INDEXは新型コロナウイルス流行の影響を受け、品薄状態が続いています。2020年8月現在、国内ではフルセットやコントローラー単品などが売り切れ状態。対するOculus Riftは2016年に発売されたデバイスですが、大きなシェアを誇っていた同ヘッドセットをINDEXが追い抜いたことは、ひとつのターニングポイントと言えるでしょう。なお、米メディアUploadVRは、現時点でのINDEXのユーザー数を約27万5,000人と推定しています。

現行モデルのOculus Rift Sに関しては、シェア率は昨月から上昇し、21.79%(+0.46%)になりました。Oculus Quest(オキュラス クエスト)も、10.13%(+1.26%)と、引き続きシェアの割合を拡大させています。

一方HTC VIVEは、昨月から-1.07%減少し、シェア率は23.03%に低下。依然としてSteamで一番多く利用されているヘッドセットですが、Rift Sとの差は1.24%まで近づいています。HTC VIVE ProやVIVE Cosmosのシェア率には、大きな動きはありませんでした。

なお、UplaodVRによれば、SteamにおけるVRユーザー全体の割合は、今回0.23%上昇し、1.93%(約2%)に達したとのことです。

ハードウェア利用状況調査について

Steamによる月例のハードウェア利用状況調査は、ユーザーへの調査に基づく、ゲームを遊んでいるPCのグラフィックボードなどのハードウェア、またOSなどのソフトウェアに関する統計です。

本調査はPCに”接続されている”デバイスを示すもので、機器が実際に利用されているのか、またいつ購入したものなのか、は不明です。さらに調査はSteamでの利用に限るもので、任意参加となっています。他プラットフォームの公式ストアにおける利用数は含まれていないため、市場全体のシェア率を直接推定するには不十分なことに注意が必要です。

Oculus Questの使用率がさらに増加 Steam、VRデバイス利用状況調査 | Mogura VR

Oculus Questの使用率がさらに増加 Steam、VRデバイス利用状況調査 | Mogura VR

MoguraVR

VALVE INDEXのパススルーカメラがアップデート。より自然な見え方に | Mogura VR

VALVE INDEXのパススルーカメラがアップデート。より自然な見え方に | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR


【ドラクエウォーク】新ふくびき「ガイア装備ふくびき」登場

2020/08/07 11:30 ドラクエウォーク

【ドラクエウォーク】レアモンスター出現率アップのイベントが開催決定

2020/08/07 11:30 ドラクエウォーク