Home » ソフトバンクが「ZEPETO」にバーチャル携帯キャリアショップを開店、メタバース投資進む


活用事例 2022.06.23

ソフトバンクが「ZEPETO」にバーチャル携帯キャリアショップを開店、メタバース投資進む

2022年6月23日、韓国のスマートフォン向けアプリ「ZEPETO」にて、バーチャル携帯キャリアショップ「ソフトバンクショップ in ZEPETO」がオープンしました。アバターのクルーが接客するバーチャル店舗を展開します。

「ZEPETO」は韓国NAVERの子会社Naver Zが運営するアプリ。好きなアバターの姿でバーチャル空間に参加し、世界中の人たちとコミュニケーションを楽しめます。元はアバターの着せ替えが楽しめるアプリでしたが、アップデートによってバーチャル空間に遊びに行けるようになり、直近では「Z世代向けメタバース」として高い人気を得ています。

その「ZEPETO」においても、バーチャル空間での活動が現実世界へと還元される仕組みを用いたワールドは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」が初の試みとのこと。今回オープンする「ソフトバンクショップ in ZEPETO」では、以下のような取組が実施されます。

「ソフトバンクショップ in ZEPETO」ワールド

ソフトバンク実店舗の要素を組み込みつつ、「白戸家のお父さん」や「ふてにゃん」と写真撮影ができるフォトスポットや、アイテム購入ができるマネキンが設置された店舗ワールドがオープンします。


10:00〜21:00にかけてショップクルーがアバターを用いた接客を行い、営業時間外でもチャット対応を実施することで、24時間365日体制でのサポートを提供されます。また、ワールド内には3つのリンクが設置され、ソフトバンクやワイモバイルの公式オンラインショップ、および「SoftBank SELECTION ONLINE SHOP」との連携も行われます。

「ソフトバンクショップ in ZEPETO」ビデオブース

オリジナルのビデオブースでは、アバターのポーズ機能を用いて、「スマホの画面から4人のアバターが飛び出す」ような映像を撮影できるとのことです。ビデオブースで撮影された映像をユーザーが「ZEPETO」内外に公開することで、「ソフトバンクショップ in ZEPETO」自体のPRにもつながることが期待されています。

「ソフトバンクショップ in ZEPETO」オリジナルアイテム

オリジナルファッションアイテムを5種類(T シャツ、パーカ、ジャケット、帽子、バッグ)が展開されます。アイテムはアプリ内ショップ、もしくは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」ワールドのマネキンから試着・購入が可能です。

メタバースへの投資を進めるソフトバンク

直近のソフトバンクはメタバース方面への投資を進めています。2021年11月にはNFTゲームプラットフォーム「The Sandbox」にソフトバンク・ビジョン・ファンド2が中心となった投資家が、9,300万ドルを出資。同年12月には「ZEPETO」へ、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2をリード投資家として2,300億ウォンを出資しています。

2020年にはVRイベント「バーチャルマーケット4」にも企業出展しているソフトバンクですが、今回は一つのメタバースプラットフォームへの単独店舗出店であり、ソフトバンクのメタバース本格参入となりそうです。

(参考)プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード