デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

新しい技術であることを言い訳にしない――集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

開発

2021/11/24 19:00 Sponsored

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AR遠隔支援の米企業が4,200万ドル調達 作業時間を7割、現場訪問の手間を5割削減

サンフランシスコを拠点とするスタートアップSightCallは、シリーズBラウンドで4,200万ドル(約46億円)の資金調達を行いました。同社はAIとARを用いた遠隔作業サポートプラットフォームを提供しており、このプラットフォームや各種ツールの強化を進めます。

ARガイドや遠隔サポートを提供、現地訪問を半減

SightCallが手掛けるのは、遠隔での作業を支援する「ビジュアル・アシスタント」機能です。現場の作業者がスマートフォン等でARのガイドを見ながら作業を行ったり、離れた場所にいる専門家の支援を受けつつ問題解決を進めたりすることが可能です。作業内容や手順は保存され、AIにより解決能力を高めます。

同社はこのプラットフォーム導入により、問題に対応する時間は69%、技術者のトレーニングに必要な時間は41%、現場への訪問は50%削減したという実績を示しています。さらに初回でも修理完了率は81%、顧客満足度は30ポイント改善したというデータも。医療や製造業といった幅広い分野で採用され、顧客にはGEヘルスケアやAT&T;、ホンダ等の大手企業が名を連ねています。

今回調達した資金を通じて、SightCallは研究開発の能力を倍増、さらに同社プラットフォームのAI、AR機能を向上させるとしています。

ARを使った遠隔作業支援については、こちらの記事でも取り上げています。

米ゼロックス、AR企業を買収 遠隔からの現場作業支援を強化へ | Mogura VR

米ゼロックス、AR企業を買収 遠隔からの現場作業支援を強化へ | Mogura VR

MoguraVR

10000キロを超えて届く ネスレ、工場の遠隔作業支援にAR活用 | Mogura VR

10000キロを超えて届く ネスレ、工場の遠隔作業支援にAR活用 | Mogura VR

MoguraVR

ARで作業を遠隔サポートする「TeamViewer」、アップデートで精度向上へ | Mogura VR

ARで作業を遠隔サポートする「TeamViewer」、アップデートで精度向上へ | Mogura VR

MoguraVR

(参考)FINSMESSightCall


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【ポケモンGO】5月コミュニティ・デイの詳細が発表 メガチルタリス初登場

2021/05/14 18:30 ポケモンGO

月間ユーザー1億人以上、時価総額4兆円……話題沸騰のRobloxはVRにも強い意欲か

2021/05/14 18:30 業界動向