デイリーランキング

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

業界動向

2019/07/17 12:30

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

テック

2019/07/18 11:45

ビッグデータとVRで“街の欲求”可視化、ヤフー・日建・東急らが取り組み

統計・データ

2019/07/16 19:30

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

テック

2019/07/17 18:00

VR関連デモ続々、触覚研究の最前線を探る「World Haptics Conference 2019」レポート

テック

2019/07/17 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRで現存しない歴史的建造物を再現、観光促進狙う 仙台市が事業者公募

宮城県仙台市は、VR技術を活用した観光資源の魅力創出事業業務を委託する事業者の公募を行います。歴史的建造物や風景をVRで再現し、スマートフォン等での閲覧が可能なシステムを構築。また、“まちあるき”を通したVRコンテンツの活用などにより、仙台の魅力の訴求や観光客の満足度向上・周遊の促進を狙います。

歴史的建造物の少なさをVRで補完

七夕祭りや伊達正宗で知られる仙台市ですが、“歴史的建造物が少ないこと”が観光における長年の課題となっていました。そこで、既に消失してしまい現存しない歴史的建造物や風景をVRで再現し、スマートフォン等での閲覧が可能な仕組みを構築するといった取り組みを行います。

5か所の史跡を360度コンテンツで再現

応募する事業者は、仙台城、陸奥国分寺など5か所の指定された史跡、風景を360度CGで再現。制作したコンテンツをスマートフォン、タブレット等の携帯端末を通して視聴するシステムを、ブラウザで構築します。

事業費は2,577万円、応募期限は8月3日(金)までとなっています。

応募詳細はこちらから。

日本各地でも、VRで歴史的建造物などを復元する取り組みが行われています。

凸版印刷が北海道の「日本遺産」VRで復元、往時の雰囲気伝える

凸版印刷が北海道の「日本遺産」VRで復元、往時の雰囲気伝える

MoguraVR

弥生時代の「遺跡」VRで再現

弥生時代の「遺跡」VRで再現

MoguraVR

クロスデバイス、VRコンテンツによる観光支援事業を開始 大河ドラマ舞台の再現も

クロスデバイス、VRコンテンツによる観光支援事業を開始 大河ドラマ舞台の再現も

MoguraVR

(参考)仙台市ホームページ





【PSVR】夏休みに全国の販売店でPSVR体験会が開催、ホラー特集も

2018/07/26 17:00 PlayStation VR(PSVR)

「けものフレンズ」のアライさんが“VRアライさん”に SHOWROOMにて配信

2018/07/26 17:00 VTuber 最新ニュース一覧
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集