デイリーランキング

フェイスブックの新VRデバイス「Rift S」49,800円で今春発売、HPも新たに「Reverb」発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/03/25 08:00

HTC、開発者向けに唇の動きをトラッキングするモジュールを発表

テック

2019/03/23 20:00

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

凸版印刷が北海道の「日本遺産」VRで復元、往時の雰囲気伝える

凸版印刷株式会社と北海道・江差町は、往時の江差町の風景を楽しめるVRコンテンツ『江差の五月』を制作しました。現地でスマートフォンなどを利用し、町歩きをしながら江差町の魅力を楽しめるVR観光体験を提供します。

『江差の五月』は凸版印刷のGPSと連動した体験型VR観光アプリ『ストリートミュージアム』(iOS/Android)で公開されています。

江差町は江戸時代後期に材木の積出港、またニシン漁の盛地として栄え、数多くの北前船が多くの荷物とともに各地の文化を運びました。その繁栄ぶりは「江差の五月は江戸にもない」と言われるほど。2017年4月には、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する「日本遺産」に、北海道で初めて選ばれています。

凸版印刷と江差町は日本遺産の認定ストーリーを受け、ニシンで繁栄した当時の情景やニシン漁の様子、多くの北前船が停泊していたかもめ島の眺望などをVRで復元しています。江差町の各9カ所の史跡にてVRコンテンツを表示できます。

VRコンテンツ『江差の五月』は、繁栄を極めた江戸時代後期と大正時代の江差の情景を、VRを用いることで視覚的に体験できるコンテンツです。町の歴史を番頭と丁稚の2人のかけ合いで解説することにより、まるで江戸時代にタイムトリップしたかのような体験ができます。「かもめ島」を上空から眺めたり、江差町とも関係の深い土方歳三とのバーチャル記念撮影をしたりといったことも可能です。

凸版印刷は「VR×観光」の取り組みとして、これまでにタイ王国アユタヤ県にある「日本人村」をVRで往時の姿に復元し、現地で楽しめる観光コンテンツなども制作しています。

凸版印刷、VRで17世紀の「日本人村」を復元

凸版印刷、VRで17世紀の「日本人村」を復元

MoguraVR

(参考)凸版印刷株式会社 プレスリリース

iOSのARKit専用アプリが2,000個を突破 DL数は続伸

2018/04/02 12:30 ビジネス活用事例

VRで指をシミュレートできるグローブ、ビジネス版が販売中

2018/04/02 12:30 ビジネス活用事例