デイリーランキング

メタバース構築目指せ HIKKY、65億円調達の舞台裏

業界動向

2022/01/26 11:30

「HoloLens」開発チームの光学アーキテクトが退社、新たに「Google Labs」に参加か

業界動向

2022/01/27 11:30

Unityはメタバースにどう関わるのか?大型買収の背景をインタビュー

業界動向

2022/01/28 11:45

ラルフローレンCEO「メタバースは若い世代の顧客獲得につながる」

業界動向

2022/01/25 15:37

KDDIとPsychic VR Lab、都市にバーチャル広告やコンテンツを配信する「XRscape」を提供開始

業界動向

2022/01/27 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米AR企業Scope ARが10億円調達、法人向けにARマニュアルなど提供

法人向けのARコンテンツを手掛けるスタジオScope ARが、シリーズAで970万ドル(約10億円)を資金調達しました。今回の出資は、アメリカの投資ファンドRomulus Capital
が主導する形で行われました。その他の出資者は、SignalFire、アメリカのSusa Ventures、Haystack, New Stack Ventures、North American Corporation、Angel Listです。2019年3月現在、調達した資金の詳細な使用用途は発表されていません。

今回の資金調達に伴い、Romulus CapitalのKrishna Gupta氏とSignalFireのWayne Hu氏が、Scope ARの役員として就任して新たに就任しました。またVRメディアRoad to VRによると、今回の資金調達によりScope ARの累計資金調達額は、1,580万ドル(約18億円)に達したとのことです。

2011年に創立、法人向けにARを提供

Scope ARは2011年、サンフランシスコで創立された企業です。創立以降、主に法人を対象とした業務を行っています。著名なクライアントにはロッキード・マーティンや大手消費財メーカーのユニリーバ、キッチン用品製造企業Prince Castleなどが含まれます。

2019年3月現在、Scope ARは「WorkLink」と「Remote AR」という2つのARコンテンツの開発を行っています。「WorkLink」は、ARを活用したコンテンツ制作プラットフォームです。利用者はこのアプリを使用することで、複雑な機械の使用法や構造などを、ARでマニュアル化することが出来ます。アプリの対応機種は、iOS、Android、Windows Hololensです。

https://www.youtube.com/watch?v=97vHsOuHqs0

https://www.youtube.com/watch?v=5jxwfZmf7uU

「Remote AR」は、使用法が分からない機械の使い方などを、専門家に相談できるARサービスです。利用者から相談を受けた専門家はARを使用して、相手に機械の使用方法を伝えます。本サービスの対応機種はiOS、Android、Microsoft Surface、HoloLens、RealWear HMT-1です。

(参考)Road to VR
 Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【注目の記事】
・学びの場をゼロから考え直す。デジタルハリウッド大学が挑む「バーチャルキャンパス」を追え!【第2回: 空間/建築編】

VR映画館が新宿バルト9で常設へ 東映やVAIOらが4月から

2019/03/23 17:00 VR体験施設

バイリンガルVTuberキミノミヤ、あいち観光バーチャルサポーター第1号に就任

2019/03/23 17:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集