デイリーランキング

VRで溶接業務トレーニング、習得スピード向上 神戸製鋼ら

活用事例

2020/07/08 18:30

ビジネス向けVR/AR/MR展示会「VR EXPO 2020 夏」7月30日にオンライン開催

業界動向

2020/07/09 19:00

ソニーがUE4や「Fortnite」のEpic Gamesへ2.5億ドルを出資。その背景と影響は?

投資

2020/07/10 19:00

場の共有を実感できる? Microsoft Teamsに新機能

活用事例

2020/07/09 19:30

VRで林業研修を安全に。全国森林組合連合会にて運用がスタート

活用事例

2020/07/08 13:01

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブラウザでのAR、VRに影響 iOS12.2でセキュリティが強化

今後リリースされるiOS 12.2において、ウェブブラウザ「Safari」を通したARやVR広告の提供が難しくなると噂されています。

開発社向けサイトの報告内容に、ユーザーが閲覧しているWebサイトに対して、端末の加速度や角度情報の提供を制限できるようになることが、記載されているためです。

AR、VR広告では基本的に、ユーザーが利用しているデバイスの加速度や角度情報を取得し、これに合わせた形で適切な描画を行っています。このため、端末情報を満足に取得できないとなると、AR、VR広告そのものが成り立たなくなることが考えられます。

ユーザーが端末情報の提供を許可していればこれまでの通りの広告表示は可能になるものの、現状と比べて間口がせまくなることが懸念されています。

プライバシー強化のねらい

何千もの人気ウェブサイトが、ユーザーの端末情報を暗黙理に取得しているということが、昨年のWiredの報告であげられていました。端末情報の提供の厳格化は、iPhoneやiPadに寄せられるプライバシー問題への対応のためだとも考えられます。

なお、端末の角度情報などは、AR、VR広告にとどまらず、動画配信サイトなどでも用いられており、今回のアップデートを懸念するWebサービス提供者は少なくないと想定されます。

(参考)
DIGIDAY UK


悪夢の克服にVRが効果的 調査結果が発表される

2019/02/14 12:00 医療・福祉

YuNi、樋口楓、因幡はねるなどVTuberたちがバレンタインデーソングをプレゼント!コラボ配信も実施

2019/02/14 12:00 VTuber 最新ニュース一覧
VR/AR/MR 用語集