デイリーランキング

目指すは“デバイス不要のVR” 開発企業が約30億調達、将来的には家庭用も

投資

2019/08/15 12:00

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

英大手航空も導入、“フライト中はVR体験”広まるか

業界動向

2019/08/16 19:00

“目に入れるだけのAR”特許が明らかに、脳スキャン操作をフェイスブックが開発中  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/13 08:00

ファーウェイが“5G×ARクラウド”の「Cyberverse」発表

業界動向

2019/08/14 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Oculus Rift、一般発売に向けFCC認証取得へ

Oculusは、3月のOculus Riftの一般発売開始へ向けてFCC認証のための申請を行っています。アメリカで電化製品を一般販売する場合、FCCの認証を取得しなければなりません。

20160202180616

Oculusの申請に関連する文書は、連邦通信委員会のウェブサイトで公開されています。回路図や部品表、動作原理などは非公開、内部写真、ユーザーマニュアル等は180日間の非公開となっています。
FCCによるテスト結果などは、こちらのFCCのデータベースから閲覧することができます。文章の公開日時は全て2016年1月6日、Oculus Riftの先行予約が始まった日です。

公開されている写真からは、小型コントローラーとして付属するOculus Remoteが小型のボタン電池によって駆動することなどが分かります。

20160202180616[1]

なお、ハンド・トラッキング用のOculus Touch(2016年後半に発売)に関してはほとんど触れられていません。

VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)関連ではHTC Viveが既に、2015年12月にVive PreのFCC認証を得ています。Vive本体の安全性に加えて、HTC Viveを特徴づける「Lighthouse」システムも、発するレーザー光などが人体に悪影響の無いものと認められました。

VRHMDに関する製品は、一般発売に向けて着々と準備が進められています。

(関連記事)
HTC Vive、アメリカ国内での使用に向けFCC(米連邦通信委員会)の認証取得へ

(参考)
Oculus Rift Hits the FCC for Approval Leading up to March Launch – Road to VR(英語)
http://www.roadtovr.com/oculus-rift-hits-the-fcc-for-approval-leading-up-to-march-launch/

HTC Vive’s Laser-based Lighthouse Trackers Get FCC Approval for Safe Use – Road to VR(英語)
http://www.roadtovr.com/htc-vive-lighthouse-fcc-approval-base-station-tracker/

※アメリカのVR専門メディアRoad to VRはMogura VRとのパートナーシップを結んでいます。


NASA、火星探査機が撮影した火星の360度映像をFacebookで公開

2016/02/03 11:30 VR動画

【Gear VR】密閉された不思議な部屋から脱出するパズルアクション『Neverout』

2016/02/03 11:30 ゲーム・アプリ