デイリーランキング

イベントの“バーチャル化”支援、clusterが即日開催できるパッケージ販売開始

業界動向

2020/04/08 12:30

新型コロナで重要な「社会的距離」をARで可視化

活用事例

2020/03/30 11:30

VR用回転チェアを開発中のRoto、186万ドルを資金調達

投資

2020/04/07 11:30

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

無料3Dモデリングツール「Blender」が正式にVR対応、次バージョンで

開発

2020/04/09 18:30 New

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

QDレーザ、新型網膜投影ARグラスの販売スタート 解像感向上し小型軽量化

半導体レーザーの開発・製造・販売を行う株式会社QDレーザ、網膜走査型レーザーアイウェア「RETISSA Display II」の先行受注を、10月15日より開始しました。価格は法人向けは248,000円、一般向けは272,800円です。出荷時期は2020年2月末を予定しています。

「RETISSA Display II」は、同社のレーザ網膜走査技術「VISIRIUM(ヴィジリウム)」を用いたアイウェアであり、2018年12月に発売した「RETISSA Display」の後継機種です。眼鏡型のフレームに内蔵された超小型プロジェクターから、光を直接網膜に届けることで映像を見るというシステムを搭載しています。この方式は眼のレンズである水晶体の状態に影響を受けにくいため、視力やピント位置に左右されずに見ることが可能になります。

本製品は前モデルと比較して、解像感の向上によりおよそ半分の大きさの文字まで判別できるようになったほか、小型軽量化を実現。また、電源供給用USB端子や音声出力用端子が搭載され、投影の左右が切り替え可能(前モデルは右目用、左目用の2タイプ)となりました。

なお、10月15日から幕張メッセで開催しているイベント「CEATEC 2019」や、11月1日から東京都墨田区のすみだ産業会館で開催されるイベント「サイトワールド2019」にて、本製品の展示が行われます。

製品概要

項目

RETISSA Display II

投影方式

レーザ網膜投影(第二世代)

光源

RGBレーザ

視野角/アスペクト比

水平26度/16:9

色再現性

256階調

投影解像度

720P(1,280×720)相当@60Hz

明るさ

光出力0.39μW未満

映像入力

HDMI Type A

対応入力解像度

1,920×1,080 60p/1,280×720 60p/720×480 60p/640×480 60p

音声出力

3.5mmステレオミニジャック

電源入力

DC5V(USB micro-B端子)

電源出力

DC5V(USB Type-A端子)

バッテリ容量(公称)

3,880mAh

駆動時間

約200分(外部負荷なし)/約130分(電源供給時)

外形寸法(幅×高さ×奥行)

・プロジェクタ部:65×20×83.5mm(最大突起部含まず)
・コントローラ部:74×29.25×150mm(最大突起部含まず)

重量

・プロジェクタ部:約40g
・コントローラ部:約260g

購入方法

・法人:メールにて問い合わせ
・個人:アスキーストアより

(参考)株式会社QDレーザ プレスリリース


【Moguraのイベント情報】
パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会(5月以降予定、全3回)


【Moguraのイベント情報】
パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会(5月以降予定、全3回)


【ドラゴンクエストウォーク】10月下旬までの期間限定ミッションが追加!

2019/10/15 19:00 ゲーム・アプリ

【PSVR】「マーベルアイアンマン VR」2020年2月28日に発売

2019/10/15 19:00 PlayStation VR(PSVR)最新情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集