デイリーランキング

KDDIとNreal、メガネ型MRデバイス「NrealLight」無償レンタルの開発プログラム発表

開発

2019/12/04 13:11

ARグラスに関連? アップルが音声に関する新特許

業界動向

2019/12/04 11:30

SteamのVRデバイス利用調査、引き続きRiftとVIVEが健闘 12月に激しい動き?

統計・データ

2019/12/03 19:30

超高解像度VR/ARヘッドセット「XR-1」、開発者版が海外で発売。価格は約1万ドル

業界動向

2019/12/03 19:00

グーグルがついに「Google Glass」の新モデルを発表、約11万円 法人向けに

テック

2019/05/21 12:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Google、指先のわずかな動きをトラッキングする技術「Project Soli」を公開。VRやARへ応用か

Googleは先週、開催されていた開発者向け会議Google I/O 2015期間中に、VRに関係する取組を発表、公開しました。

今回は、その中の1つ、「Project Soli」を紹介します。この「Project Soli」は、VRやARで活用される可能性を秘めた、レーダー技術を研究しているプロジェクトです。指先のわずかな動きやジェスチャーを読みとり、入力することができます。

soli-radar-1

百聞は一見にしかず、まずはGoogleが公開している動画をご覧ください。

https://youtube.com/watch?v=0QNiZfSsPc0

このProject Soliはレーダーを使用した認識の正確さが特徴で、非常に小さな動きを捉えることを目的としています。プレイヤーのボリュームをいじったり、目盛りを動かしたり、といった動作が、指のわずかな動きで可能です。Google社内の研究チームが開発を進めていることが明らかになりました。

soli-radar-4

この技術が実装されると、VRやARなどの分野での活用が見込まれます。既にVR用のコンテンツでは、赤外線を使って手の動きを認識するLeap Motionが使われています。しかし、Project Soliにあるような、指先のわずかな動きを認識するほどの精度はありません。

Project Soliでは、レーダーを使うため、認識させるためのチップも非常に小型です。

現時点では、GoogleがこのProject Soliをどのように活用するのかは未知数ですが、VRやARといった分野との親和性が高く、応用されることに期待したいところです。

Google I/Oの前後で明らかになったGoogleのVR関係の取組は以下の記事からもご覧いただけます。

Google、360度撮影へ。16台のカメラをつないで360度撮影をする「Jump」を発表

Googleのダンボール製VRデバイス「Cardboard」の改良版が登場

Google CardboardアプリのiOS版が新たなデモとともに登場。日本では未公開

Google, VRコンテンツの開発のコツをまとめたAndroid向けアプリ「Cardboard Design Lab」をリリース



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

Google, VRコンテンツの開発のコツをまとめたAndroid向けアプリ「Cardboard Design Lab」をリリース

2015/06/02 11:30 ゲーム・アプリ

VRコンテンツ開発のノウハウを共有。Oculus Rift勉強会に150人以上が参加

2015/06/02 11:30 Oculus Rift

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集