デイリーランキング

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

マイクロソフト「HoloLens 2」、産業・軍事向けカスタマイズ版を発表

活用事例

2020/01/24 18:30

KDDI、渋谷駅ハチ公前に5G×XR体験ブース設置

業界動向

2020/01/24 19:30

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

国内のARトレンド最前線、Docomo Open Houseが一大展示会になっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Google、指先のわずかな動きをトラッキングする技術「Project Soli」を公開。VRやARへ応用か

Googleは先週、開催されていた開発者向け会議Google I/O 2015期間中に、VRに関係する取組を発表、公開しました。

今回は、その中の1つ、「Project Soli」を紹介します。この「Project Soli」は、VRやARで活用される可能性を秘めた、レーダー技術を研究しているプロジェクトです。指先のわずかな動きやジェスチャーを読みとり、入力することができます。

soli-radar-1

百聞は一見にしかず、まずはGoogleが公開している動画をご覧ください。

https://youtube.com/watch?v=0QNiZfSsPc0

このProject Soliはレーダーを使用した認識の正確さが特徴で、非常に小さな動きを捉えることを目的としています。プレイヤーのボリュームをいじったり、目盛りを動かしたり、といった動作が、指のわずかな動きで可能です。Google社内の研究チームが開発を進めていることが明らかになりました。

soli-radar-4

この技術が実装されると、VRやARなどの分野での活用が見込まれます。既にVR用のコンテンツでは、赤外線を使って手の動きを認識するLeap Motionが使われています。しかし、Project Soliにあるような、指先のわずかな動きを認識するほどの精度はありません。

Project Soliでは、レーダーを使うため、認識させるためのチップも非常に小型です。

現時点では、GoogleがこのProject Soliをどのように活用するのかは未知数ですが、VRやARといった分野との親和性が高く、応用されることに期待したいところです。

Google I/Oの前後で明らかになったGoogleのVR関係の取組は以下の記事からもご覧いただけます。

Google、360度撮影へ。16台のカメラをつないで360度撮影をする「Jump」を発表

Googleのダンボール製VRデバイス「Cardboard」の改良版が登場

Google CardboardアプリのiOS版が新たなデモとともに登場。日本では未公開

Google, VRコンテンツの開発のコツをまとめたAndroid向けアプリ「Cardboard Design Lab」をリリース


Google, VRコンテンツの開発のコツをまとめたAndroid向けアプリ「Cardboard Design Lab」をリリース

2015/06/02 11:30 ゲーム・アプリ

VRコンテンツ開発のノウハウを共有。Oculus Rift勉強会に150人以上が参加

2015/06/02 11:30 Oculus Rift
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集