デイリーランキング

個人向けの裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass Portrait」発表、199ドルから購入できるキャンペーンも

業界動向

2020/12/03 00:00

超高解像度VRのVarjoが新製品VR-3・XR-3発表、性能向上に軽量化 価格は約半分に

業界動向

2020/12/01 23:00

VR安全教育サービス、Oculus Quest対応で導入コストが4分の1に

活用事例

2020/12/03 12:30

開発者と一緒に、XRの世界を広げたい――Magic Leap 1越しに見る、NTTドコモのXR戦略

業界動向

2020/12/02 12:00 Sponsored

韓国スタートアップLetsee、ARソリューションを全世界向けに提供開始

テック

2020/12/02 12:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

OPPOが2021年にARグラス発売 空間認識・ジェスチャー操作

中国のスマートフォンメーカーOPPOは、11月17日に開催された新製品発表会でARグラスを2021年に発売することを発表しました。「OPPO AR Glass 2021」という名称で発表されたこのデバイスでは、空間認識が可能。ジェスチャーや音声での操作も搭載されています。

nrealLightに近い性能か?

OPPOは2019年、ARグラスのプロトタイプを公開していました。「OPPO AR Glass 2021」は市場投入されるARグラスとなります。クアルコムのSnapdragon 865を搭載されたスマートフォンとUSB Type-Cケーブルで接続して使用します。この構成は中国nrealのARグラス「nrealLight」と同様です。

「OPPO AR Glass 2021」の見た目はメガネ型。スピーカーを内蔵しています。視野角や解像度等の詳細は不明ですが、90インチのスクリーンを3メートル先から見ることができるとのこと。

「OPPO AR Glass 2021」は手の21箇所を認識し、ジェスチャ操作が可能。バーチャルなものとのインタラクションができます。スマートフォンを使い、タッチやスワイプといった操作でARのコントロールもできるとしています。

ARナビゲーションアプリも合わせて発表

OPPOは同時に、「OPPO CybeReal」と呼ばれるARアプリを発表しています。スマートフォンをかざして、案内を行うというものですが、既存の地図アプリと比べて屋内も含むより詳細な位置特定を行えるとのこと。OPPOのクラウド技術を活かし、高精度なデジタルツインを元に実現したとしています。

(参考)OPPO Twitter


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

人気SFドラマ「ドクター・フー」原作VRゲームがQuest版で日本語対応

2020/11/17 18:54 ゲーム・アプリ

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」セッション内容紹介(第1回)

2020/11/17 18:54 セミナー