デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR/ARの標準規格目指す「OpenXR」導入始まる

クロノス・グループはバンクーバーで開催中のSIGGRAPH 2018にて、VRやARの標準規格「OpenXR」のデモを初めて公開します。

デバイス・アプリ間の仕様標準化の取組

「OpenXR」は様々なVR/ARプラットフォームでのデバイス・アプリ間の仕様を標準化する取組で、関連企業から構成される共同組織クロノス・グループにより、2016年末から策定が進められています。クロノス・グループはこれまで、グラフィックスAPIであるOpenGLやVulkanなどを策定してきました。

下図のように仕様が標準化されていない現状では、エンドユーザーにとって個々のデバイスの導入コストがかかります。

しかし「OpenXR」により標準化が進めば、アプリケーションデベロッパーはコードの書換なしにより広い市場にリーチできます。またデバイスメーカーはどのランタイムにも対応可能、さらにVR/ARランタイムベンダーも、対応できるアプリとデバイスが増加します。このように標準化によるウィンウィンの構築を図ります。

「OpenXR」の設計は拡張可能なため、位置トラッキング、視点設定などの機能を簡単に追加できます。一例としてはアクションベースのインプット機能があります。これは、「テレポートする」「ジャンプする」といったアクションを定義し、それぞれを「ボタンをクリックする」「スライダーを動かす」といった動作と対応させる機能です。OpenXRにより、現在存在しない物も含め、異なるハードウェア間でアプリケーション利用可能となります。

「OpenXR」デモ初公開

このような「OpenXR」のデモが、今回SIGGRAPH 2018にて初めて公開となります。エピックゲームズ「Showdown」のVRで、StarVRの新型ヘッドセットStarVR ONE及びマイクロソフトのWindows Mixed Reality(MR)ヘッドセットの両方に対応しています。異なるデバイスで動作させるための変更は、一切不要です。

今後も参加企業を募集

本取組にはVR/ARのハードウェア・プラットフォームを開発するOculusやHTC、Valve、ソニー、Samsung、Googleらに加え、ゲームエンジンを提供するUnityやエピックゲームズ(Unreal Engine)、チップセットメーカーのARM、インテル、クアルコム、GPUメーカーのAMDやNVIDIAなど、VR/AR関連企業の多くが参加しています。昨年11月にはマイクロソフトも参加を決定しました。

現在はOpenXR 1.0の暫定リリースに向け活動しており、今後も協力企業を募集するとしています。

VRに関する規格では、PC接続の規格としてグラフィックボードメーカーとヘッドセットメーカーが新たにVirtualLinkという規格を定めています。VRヘッドセットの数は増えて続けており、業界の発展のためにも規格化には今後も期待したいところです。

(参考)Khronos Group



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


テキサス州・オースティン 多数のVR企業が集まり始めたその魅力

2018/08/15 12:00 業界動向

VRで工場見学とスーパードライを楽しむ、ニューヨークで期間限定オープン

2018/08/15 12:00 プロモ・マーケティング
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集