Home » キヤノンから広視野角・高解像度化MRデバイス「MREAL X1」が6月上旬に発売


業界動向 2022.04.21

キヤノンから広視野角・高解像度化MRデバイス「MREAL X1」が6月上旬に発売

キヤノン株式会社は、新型MRヘッドセットMREAL X1を2022年6月上旬に発売します。同社が展開するMRシステム「MREAL」シリーズの広視野角モデルとなり、価格はオープン価格となっています。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

「MREAL」シリーズは、ビデオシースルー方式により現実世界上にCG映像をMR合成するMRシステム。2021年にはエントリーモデルとして、小型機種である「MREAL S1」が発売されています。

「MREAL X1」は表示画角を約58度×60度(それぞれ水平・垂直)に拡張。「MREAL S1」の約45度×34度から、表示面積がおよそ2.5倍に拡大しています。解像度も片眼1920×2160と、「MREAL S1」の片眼1600×1200から向上。重量は約350gで「MREAL S1」と比較して21gの重量増となっています。

また、手持ちタイプへ換装できる「ハンドヘルドユニット HH-4」や、Thunderbolt 3対応のモバイルワークステーションと接続可能な「インターフェイスボックスキット BX-40」、後付光学式センサーの「光学式センサアタッチメント OS-3」といったアクセサリーも展開されます。

MREAL X1概要

・MREAL X

サイズ

MREAL Display本体:約 158mm(W)×86mm(H)×38mm(D)
MREAL Display本体+ヘッドマウントユニット:約 186mm(W)×150mm(H)×250mm(D)

重量

MREAL Display本体:約 158g
MREAL Display本体+ヘッドマウントユニット:約 359g

ケーブル長

約 10m(20mは別売アクセサリ)

表示系

表示画角:約 58度(水平)×60度(垂直)
表示解像度:両眼約 3840 × 2160
表示周波数:約 120Hz


(搭載されているカメラとCGのフレームレートは60fps)

対応眼幅

約 55 ~ 78mm
(調整範囲)約 57mm ~ 76mm

接続端子

MREAL Display本体:インターフェイスケーブル専用端子(×1)
インターフェイスボード:インターフェイスケーブル専用端子(×1)、Mini DisplayPort 端子(×1)、PCI Express 2.0(Gen3) ×4 カードエッジ(×1)

インターフェイスボックス:インターフェイスケーブル専用端子(×1)、ACアダプター端子(×1)、PC接続ケーブル端子(×1)

・MREAL Platform 2022

推奨環境

オペレーションシステム:Windows 10 (64bit) (21H2) 、Windows11 (21H2)、日本語/英語
プロセッサー:ベースクロック 3.9GHz以上、8コア以上
メモリ:32GB以上
グラフィックス:NVIDIA Quadro RTX5000相当

対応センサー

・HMDモーションセンサー:X1(内蔵)

・トラッキングセンサー
Vicon、制御ソフト:Vicon Tracker
Natural Point Optitrack、制御ソフト:Motive
VRPN(Virtual Reality Peripheral Network)に準拠しているセンサー

対応カメラ

●マーカーキャリブレーション用:
下記の要件を満たすカメラ
・焦点距離(20mm-28mm)
・フォーカスモード:マニュアルフォーカス

●MREAL体験用
・MREAL Display:X1 / S1 / MD-20 / MD-10※7
その他デバイス:Logicool Brio Ultra HD Pro Webcam、Surfacebook3のRear Camera(タブレット型非対応)、Surfacebook2のRear Camera(タブレット型非対応)

(参考)キヤノン株式会社 プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード