デイリーランキング

iPad Proで点群スキャン、「LiDAR」活用のアプリがリリース

テック

2020/09/30 12:00

MRデバイス「HoloLens 2」で体験型オンライン授業、80%以上が「内容定着しやすい」

活用事例

2020/09/30 11:31

「PSVR2」用か? ソニーが新ハンドコントローラーを特許出願

テック

2020/09/28 12:00

触覚デバイスのHaptX、大学から150万ドルの助成金 “全身力触覚”目指す

投資

2020/09/30 19:30

バーチャルオフィスにアバター出勤、クラウドオフィス「RISA」

業界動向

2020/09/30 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブラウザベースのWebVRを手軽に Mozillaら無料の制作講座を公開

Firefoxで知られるMozillaは、Glitchと共同でWebVR開発のスターターキットを公開しました。スターターキットは、WebVR開発用のライブラリ「A-Frame」を使って作成されたWebVRアプリケーションで、合わせて公開された5つの動画に沿って、実際にコードを改修しながらアプリ制作の基本を学ぶことができます。

VRアプリ開発をよりメジャーに

「A-Frame」はMozillaからリリースされたオープンソースライブラリです。Web開発者に馴染み深いHTMLマークアップでVRアプリを作ることができます。作ったアプリはHTC Vive、Oculus Rift、Google Daydream、Gear VRなどのヘッドセットはもちろん、PCでも閲覧することも可能です。

Glitchは作成したWebアプリの公開や、共同での開発ができるプラットフォームサービスです。公開されているアプリをコピーして、自分用に改造することも可能。このコピーと改造をGlitchではRemixと命名しており、積極的なコラボレーションを推奨したプラットフォームとなっています。

比較的簡単にWebVRアプリが作成できる「A-Frame」と、手軽にアプリ開発や閲覧ができるGlitchのサービスの親和性を通して、WebVRの普及が目指されています。

(参考)
UploadVRGlitch公式ブログ


マイクロソフトの新型3Dセンサー「Azure Kinect」クラウドで連携して環境把握

2019/02/26 11:00 テック

裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」国内提供開始 税込64,000円から

2019/02/26 11:00 開発