デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09 New

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブラウザベースのWebVRを手軽に Mozillaら無料の制作講座を公開

Firefoxで知られるMozillaは、Glitchと共同でWebVR開発のスターターキットを公開しました。スターターキットは、WebVR開発用のライブラリ「A-Frame」を使って作成されたWebVRアプリケーションで、合わせて公開された5つの動画に沿って、実際にコードを改修しながらアプリ制作の基本を学ぶことができます。

VRアプリ開発をよりメジャーに

「A-Frame」はMozillaからリリースされたオープンソースライブラリです。Web開発者に馴染み深いHTMLマークアップでVRアプリを作ることができます。作ったアプリはHTC Vive、Oculus Rift、Google Daydream、Gear VRなどのヘッドセットはもちろん、PCでも閲覧することも可能です。

Glitchは作成したWebアプリの公開や、共同での開発ができるプラットフォームサービスです。公開されているアプリをコピーして、自分用に改造することも可能。このコピーと改造をGlitchではRemixと命名しており、積極的なコラボレーションを推奨したプラットフォームとなっています。

比較的簡単にWebVRアプリが作成できる「A-Frame」と、手軽にアプリ開発や閲覧ができるGlitchのサービスの親和性を通して、WebVRの普及が目指されています。

(参考)
UploadVRGlitch公式ブログ


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

マイクロソフトの新型3Dセンサー「Azure Kinect」クラウドで連携して環境把握

2019/02/26 11:00 テック

裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」国内提供開始 税込64,000円から

2019/02/26 11:00 開発
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集