デイリーランキング

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

マイクロソフト「HoloLens 2」、産業・軍事向けカスタマイズ版を発表

活用事例

2020/01/24 18:30

KDDI、渋谷駅ハチ公前に5G×XR体験ブース設置

業界動向

2020/01/24 19:30

【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし

Oculus Quest

2019/09/30 11:30

国内のARトレンド最前線、Docomo Open Houseが一大展示会になっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ロレアルがヘアカラーの“ARトライ”導入、Googleレンズと協力で

化粧品のロレアル(L’Oreal)は、ヘアカラーの販売におけるAR活用をスタートしました。消費者がウォルマート店頭でグーグルレンズを用いると、AR上で商品を試すことができます。

店頭でスキャン、製品ページでARトライ

ARトライを導入するのは、ガルニエ(Garnier)ブランドのヘアカラー。グーグルが提供するGoogle LensとModifaceのARプラットフォームを用いています。なおこのModifaceは、2018年3月ロレアルに買収されました。

消費者はGoogle Lensのアプリを起動し、ウォルマート店頭で該当商品をスキャン。するとガルニエの製品ウェブサイトに移動し、ヘアカラーのARトライオンを体験できます。自分の髪の色を変えて確認できるほか、気に入った商品はサイト内で購入できます。

グーグルとライバルプラットフォームとの提携

なお、グーグル自身もYouTubeで”バーチャルメイク”機能を導入しています。AR・グーグルレンズ部門で製品マネジメント・ディレクターを務めるEddie Chung氏は「我々はグーグルレンズにより、人々が目にするものを調べたり、日々物事を進めるのをサポートしたいです」と話し、今回のサービスについて「ロレアル、ガルニエと協働できることにワクワクしています。店頭の製品をバーチャル・トライオンと途切れなく繋げ、消費者がヘアカラーを選ぶための、より豊かな情報を提供します」と説明しました。

(参考)Next Reality


【2020年版】冬休みに遊びたい、おすすめVRゲーム12選

2019/12/31 11:33 ゲーム・アプリ

なぜ大企業がVTuberに案件発注を? エレコム営業マキオ氏に聞くメリット・ポイント

2019/12/31 11:33 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集