デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15 New

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00 New

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00 New

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視線と脳波でVRユーザーの感情を分析、韓国企業が400万ドル調達

韓国のスタートアップ企業Looxid Labsは、シリーズAラウンドで400万ドル(約4.5億円)の資金調達を行ったことを発表しました。現在開発中である、AIを用いたVRユーザーの感情分析ソリューションのリリースを加速するとしています。

視線と脳波から感情分析

Looxid Labsはアイトラッキング機能と脳波計測を組み合わせることにより、VR/AR/MR体験中のユーザーの感情を計測するデバイスを手がけています。ユーザーの感情は機械学習のアルゴリズムで分類。これらのデータは「より没入感の高いVRコンテンツ開発に役立つ」「ユーザーの理解に繋がる」ことが期待されています。

同社は2017年にHTCのスタートアップ支援「Vive X」プログラムの第3期に参加したほか、スマートフォンを用いたVRヘッドセット「LooxidVR」はCES2018にてAR/VR部門のBest of Innovation Awardを受賞しました。

VRはさらに進化するのか 脳波と視線から感情を分析

VRはさらに進化するのか 脳波と視線から感情を分析

MoguraVR

米国市場での浸透目指す

今回の出資はHastings Asset Managementが主導し、Samsung Venture Investmentら複数のベンチャーキャピタルが参加しました。Looxid Labsは調達した資金を用いて、研究開発を推進するためのAI人材をさらに獲得するとしています。また特に米国ブランチの競争力を高め、北米企業とセールスやパートナシップ契約を締結。アメリカ市場での浸透を図る方針です。

Hastings Asset ManagementのCEO Seung Taek Oh氏は「現在Looxid Labsの技術はVRやMRのヘッドマウントディスプレイを通じて利用されていますが、将来的にはさらに幅広いプラットフォームで、スケールを拡大して活用できると考えられます。我々は、Looxid Labsの高い成長力に期待しています」と投資の背景を説明しています。

一方Looxid LabsのCEO Yong Wook Chae氏は今後のビジネスについて、「サムスンやHTCといったこの分野で最高の企業と緊密に連携し、ビジネス上のシナジーを作り出していきます」と述べました。

集え、全世界の魔法使い ARゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」公式サイト開設

2018/11/15 12:30 AR/MR

新たなVRライブ会場「VIRTUAL LIVE ARENA」登場、来春プレオープン

2018/11/15 12:30 施設型VR