デイリーランキング

「ホロライブ」のビジョンとこれから――Tokyo XR Startups出身起業家インタビュー(第一回:カバー株式会社CEO 谷郷 元昭氏)

業界動向

2019/08/23 12:00

クラファン大成功のVRMMORPG 開発元にはY Combinatorも出資

投資

2019/08/22 12:00

建築向けVRソフト「SYMMETRY alpha」無料提供が終了 有料版は商用利用が可能に

開発

2019/08/22 11:30

NTTデータがVR会議システムを開発、導入は2020年目指す

業界動向

2019/08/21 18:30

Oculusモバイル部門代表、フェイスブックを去る 一体型ヘッドセット開発の立役者

業界動向

2019/08/22 11:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

触覚フィードバック搭載の“震える”VRヘッドセット LGが技術開発


LGは、新しいVRヘッドセットに関する特許を出願したと発表しました。この特許は、複数の触覚センサとカメラをVRヘッドセットに搭載するというユニークなものです。LGはVRヘッドセットの本格的な製造を行っていませんが、技術開発を行っていることが分かります。

カメラ&触覚センサ、セットで搭載する斬新さ

本デバイスにおいて、注目すべきポイントは2点あります。
1点目は、ヘッドセットにカメラが、右側、左側、上方真ん中に2台ずつペアで計6台、搭載されていること。そして、2点目は、各カメラのセットにつき1台の触覚センサが2台のカメラの間に配置されています。

これにより、カメラがユーザーの手の動きをトラッキングし、VR空間内の物体に触れたとき、触覚センサにより触覚フィードバックを提示することが可能となります。

従来、VRにおいて触覚フィードバックを提示する方法として、グローブ装着、超音波、コントローラの振動など様々な手段がありました。

LGのヘッドセットのデザインは、ヘッドセット本体に触覚センサを統合した最初の例と言えます。

LGはこれまで、VRヘッドセットの製造には踏み切ってきませんでした。LGは有機ELの製造技術を保有しています。ハイエンドのVRヘッドセットでは2017年にはSteamVRに対応したPC向けの「UltraGear VR」のプロトタイプが公開されたもののその後の製品化の報はありませんでした。同じく有機ELの製造技術を有するライバル会社のサムスンは自社でVRヘッドセットを製造するだけでなく、OculusやHTCなど主要なVRヘッドセットメーカーへの提供も行っています。

LGはVR向けにディスプレイ技術などの開発を行っていることは明らかとなっており、今回の特許からヘッドセット自体の研究開発も継続していることが分かります。

CES2019で展示はあるのか

特許の文書では、本ヘッドセットの注目すべき詳細が記されています。
ヘッドセットは携帯可能であることや、また物体に触れているか否かの判別ができ、またそれに応じて異なる触覚を提示できることに加え、物体の触れた位置によって触覚を変化可能であることなど述べらえています。

VRヘッドセットへの触覚フィードバックはどの程度効果があるのかは実際に体験するまで不明です。早ければ2019年1月に開催されるCES2019でプロトタイプが展示される可能性があります。

(参考)

LG Files Patent for VR Headset With Haptic Feedback and 6 Cameras

VRFocus


ウェザーロイドAiri×かしこまりがコラボ、「まりぽん生放送」12月20日配信

2018/12/18 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

VTuber田中ヒメ・鈴木ヒナ、初オリジナル曲を1月公開!「劣等上等」MVはVTuber最多の500万再生

2018/12/18 19:30 VTuber 最新ニュース一覧