デイリーランキング

グーグルが360度動画撮影プログラムを終了へ。他社ツール充実が背景に

業界動向

2019/05/20 19:00 New

アバターが座っている席には座らない ARが及ぼす心理的影響をスタンフォード大が実験

テック

2019/05/18 19:30

視線追跡機能搭載「VIVE Pro Eye」欧中予約開始、VTuberライブのバルスが3.5億円調達 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/05/20 08:00

VR都市開発ゲームが世界中の企業から注目を集めているわけ

業界動向

2019/05/20 11:45

ビリビリ動画内のバーチャル配信者、6,000名を上回ると発表

VTuber

2019/05/20 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Kudan、映像データを高速処理する「DSP-SLAM」提供開始 AR/MRへの応用を想定

人工知覚技術を開発・提供するKudan株式会社は、コンピュータビジョン処理に特化した半導体チップ「デジタルシグナルプロセッサ(DSP)」への応用を目的とした「DSP-SLAM」の技術提供を開始しました。

デジタルシグナルプロセッサ(DSP)は、映像などのデジタルセンシングデータを超高速に解析するために設計されており、いわゆるビジョンチップとしてカメラが搭載された多くのデバイスに採用されています。

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)とは デバイスが空間・立体把握をする上で最も重要な技術の一つ。ロボットの自律制御、ナビゲーション、そしてモバイル端末によるARの実現に必要な3次元位置推定を行う画像認識技術です。

kudanが提供する「DSP-SLAM」は、DSPの算術演算関数を利用して、自社アルゴリズムの高速処理を実現するために設計されており、「同グレードのCPUでの処理と比較して数十倍高速なSLAMの動作を実現可能」としています。

また、主要半導体IP企業が提供するDSPのアーキテクチャへの実装が可能となっているため、「スマートフォン、AR(仮想現実)/MR(複合現実)機器、ロボット、IoTデバイス等の各種端末や機器への採用が見込まれている」とのことです。

(参考)Kudan株式会社 プレスリリース

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」、ハッカソンが3月末開催

2019/02/20 18:30 イベント情報

VRコンテンツ内に広告配信、ナーブと電通グループ企業が提供開始

2019/02/20 18:30 プロモ・マーケティング