デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

ナイアンティックが3億ドル調達、ハンドトラッキングのUltraleapにテンセントら出資 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/11/29 08:00

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

Robloxが自社プラットフォームのゲームクリエイター向けファンド設立、プロジェクトごとに最小5,500万円から支援

開発

2021/11/29 12:01

VRゲームスタジオResolution Games、別のゲームスタジオを買収

業界動向

2021/11/29 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ポケモンが地面に沿って動く iPhone、iPadがiOS11からAR対応 開発者向けのARKit発表

アップルは日本時間6月6日2時から開催された基調講演にてiPhone、iPadのAR対応を発表しました。

今回発表されたのは開発者向けの「ARKit」です。特殊なデバイスやスマートフォンを使わずに、iPhoneとiPadの単眼カメラを使って動作するというもの。現実空間を認識し、机の上にデジタルな物体を置くことなどが可能になるほか、スケールや環境光の推定も含まれます。

ARKit向けの開発はUnityやUnreal Engine4といったゲームエンジン、SceneKitで可能になります。

基調講演の壇上では、『ポケモンGO』で現実が認識され、ポケモンやモンスターボールが現実に沿って動いている映像が流れました。

また、『ロード・オブ・ザ・リング』などで知られる映画監督のピーター・ジャクソン氏が開発中の『Wingnut AR』というSFコンテンツのデモが披露されました。

壇上に用意された机の上にシーンが広がり、SFのストーリーが描かれました。机から外にはじき出された人が下に落ちていくなど、iPadを通して「まるで目の前でストーリーが繰り広げられている」ような光景が広がっていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=S14AVwaBF-Y

iOS11に搭載されるARの機能詳細については今後明らかになると考えられます。

アップルはスマートフォンAR参入

AR機能に関しては、すでにフェイスブックが普通のスマートフォンのカメラを使った現実認識込みのAR機能を発表しています。また、グーグルは対応スマートフォンを使ったARプラットフォームTangoを展開しています。

アップルは、iOSがAR対応することについて、「数億人のユーザーにアクセスできる最大のARプラットフォーム」であることを強調しました。

iOS11のAR機能を使ってどのようなアプリが登場するのか注目です。


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

MacがVR対応 新型iMacとiMac ProでHTC Viveが動作 Macbook系は外付けGPUで対応

2017/06/06 08:31 活用事例

PSVR、全世界販売台数100万台突破 E3での新作発表に期待

2017/06/06 08:31 PlayStation VR(PSVR)最新情報