デイリーランキング

超広視野角VRのPimaxが2,000万ドル調達、顧客サポートやロジスティクス改善へ

投資

2020/10/20 12:57

清水建設、VRをインターンシップに導入 参加者の9割が高評価

活用事例

2020/10/20 18:00

ソニー、“空間再現”ディスプレイ「ELF-SR1」発表 ソニーストアで展示

業界動向

2020/10/19 13:00

Oculus創業者パルマー・ラッキー、徳島マチ アソビをコスプレで楽しむ

活用事例

2017/05/06 12:38

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」、登壇者とセッション内容が追加発表

セミナー

2020/10/19 15:29

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

「タイタニックVR」など教育VRの英上場企業、中間決算発表

教育向けVRコンテンツを開発するImmersive VR Educationの完全親会社であるVR Education Holdingsは、2018年上半期の中間決算を発表しました。IPO費用によりマイナス決算ではありますが、今後も新たなコンテンツをリリースし、目標に向けて着実に進んでいる点を強調しています。

教育向けVRコンテンツのスタートアップ

Immersive VR Educationは、アイルランドのウォーターフォードに拠点を置くスタートアップです。同社はこれまでに教育機関向けVRの研究開発などを行なっており、アポロ11号の月面着陸を体験する「Apollo 11 VR」やタイタニック号沈没を体験する「Titanic VR」などの教育向けコンテンツを開発してきました。

中間決算の純損益はマイナスとなりましたが、同社はこれを想定内だとしています。今年3月にImmersive VR Educationは新規株式公開(IPO)を行っており、その関連費用が要因ということです。

また報告では2018年の利益は下半期偏重になり、現在は利益目標の達成に向かっていると説明。特に現金が490万ユーロ(約6.4億円)と潤沢である点にも言及しています。

今後もチャンスをものに

事業のハイライトとしては、8月の「Titanic VR」正式リリース、BBCとの共同制作である「1943: Berlin Blitz」の成功などを挙げています。また第4四半期には、PC向けVR対応の「Apollo 11 」HD版のリリースを新たに計画しています。

VR EducationのCEO、David Whelan氏は決算にあたり次のように述べています。「取締役会も私も、ロンドンAIM市場への上場が好意的に受け取られ嬉しく思っています。また上場後も、さらなるビジネスの進捗を報告できています。成功を収めた『Titanic VR』は今後、米国・欧州のPlayStation向けにもリリース予定です。(中略)我々は今後も、市場のチャンスをものにしていきたいと考えています」

教育へのVR/AR活用は各国で取組が進み、Oculus等の大手企業も注力する姿勢を示しています。

Oculus、教育へのVR活用 日本でも試験プログラム開始 | Mogura VR

Oculus、教育へのVR活用 日本でも試験プログラム開始 | Mogura VR

MoguraVR

米ベライゾン、AR/VR×5Gで教育を変えるアイデア募集 賞金総額1億円超 | Mogura VR

米ベライゾン、AR/VR×5Gで教育を変えるアイデア募集 賞金総額1億円超 | Mogura VR

MoguraVR

グーグル、ARの教育利用を促進 スマホアプリを無償公開 | Mogura VR

グーグル、ARの教育利用を促進 スマホアプリを無償公開 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


自動車向けAR企業、ポルシェやJVCケンウッドらから8,000万ドル調達

2018/09/20 15:00 業界動向

VR配信サービス「バーチャルキャスト」 法人向けプランが提供開始

2018/09/20 15:00 業界動向