デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブラウザで体験できるソーシャルVR「Hubs」誰でもできるVR目指す

ウェブブラウザFirefoxで知られるMozilla(モジラ)は、ソーシャルVRプラットフォーム「Hubs by Mozilla」のテスト版をリリースしました。VRデバイスにこだわらず、ブラウザ上で手軽にコミュニケーションが取れることを売りにしています。

ヘッドセットがなくても体験可能

Hubsは現在テスト版で、誰でもアクセスできるようになっています。VR空間でコミュニケーションをとるソーシャルVRに、ユーザーが簡単に参加できることを目指しています。

Mozillaは人々がソーシャルVRで集まるために、他のユーザーとVRヘッドセットを揃えたり、追加のソフトをインストールしたりする手間をなくすことを目指しています。今回公開されたHubsはブラウザをベースとしているため、URLにアクセスするだけで参加できます。

VRデバイスはOculus RiftやHTC Vive、Google Cardboardに対応しており、PCやスマートフォンからのアクセス等、VRデバイスがなくても参加することが可能です。

今後数か月で改良を予定

現在のHubsは、非常にシンプルな作りです。体験者が参加できるVR空間はあらかじめ設定されており、個人でアバターを作れないようになっています。そのため、現時点では、アバターが使える他のソーシャルVRと比べて魅力的ではないかもしれません。

しかしMozillaは、将来的に改良を予定しているとのこと。今後数か月のうちに、VR空間をカスタマイズしたり、アバターを編集したり、他のコミュニケーションツールとHubs内の体験を共有したりする機能を追加するとしています。

興味を持った方は、ぜひHubsのウェブサイトにアクセスしてみてください。

(参考)techradar


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

Vive Proが生み出す、新たなVRでのレース体験

2018/04/28 19:04 話題

「ドラクエVR」でゾーマと一騎打ちの死闘を繰り広げてきた

2018/04/28 19:04 イベント情報
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集