デイリーランキング

アマゾンの“ARで試し置き”機能、ついに日本でも対応

シミュレーション・接客

2019/05/10 18:30

日本の人気IP作品をVRゲームに、UNIVRSが約1億円調達

投資

2020/07/31 11:30

VRジェットコースター廃止相次ぐ 続かなかったその理由

業界動向

2019/05/13 11:30

人気VRゲーム「Moss」のPolyarc Gamesが900万ドル調達、新作VR/ARゲーム開発に

投資

2020/07/31 12:00

VRヘッドセット「HP Reverb G2」9月上旬に国内発売、日本HPが発表

業界動向

2020/06/30 15:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

オープンソースのバーチャル空間「Hubs Cloud」公開 企業も利用可能

2020年4月29日、Mozillaは各ニーズに合わせてカスタマイズできるバーチャル空間サービス、Hubs Cloudをリリースしました。

Hubs Cloudは、現在「早期アクセス」版で利用可能で、アマゾンウェブサービス(AWS)上で起動します。ワードプレスのようなコンテンツ管理システムのバーチャル空間版で、Hubs Cloudはウェブサイトを作成する代わりにバーチャル空間の作成を可能にします。

Mozillaによると、Hubs Cloudではブランド、アバター、環境をユーザーの好きなようにカスタマイズ出来ます。更に多くのことをしたいユーザーは、自らコードを書いて様々な拡張機能を追加することも可能とのこと。

MozillaはHubs Cloudを個人用と企業用の両方をAWSで利用できるようにしています。使い道は様々で、例えばEC企業であれば、ユーザーが会社のバーチャルショールームから直接商品を購入できたりします。他の用途としては、Hubs Cloudを会社のプライベート企業会議室として活用することが挙げられます。

Hubs Cloudのコードはオープンソースで、ユーザーが自ら書いたコードを寄付する機会もあります。独自のウェブサイトをホストできるのと同じように、独自のバーチャル空間をHubs Cloudがホスト可能にすることで、ソーシャルバーチャル空間の普及をMozillaは目標としています。

(参考)Hubs CloudRoad To VR


【Mogura主催のイベント】
流行の兆しを見せる「バーチャル・ライブエンタメ」、企画・演出セミナーの動画アーカイブ販売中

アキ・ローゼンタールら参加 VTuberコンピアルバムの試聴動画公開

2020/05/01 17:45 VTuber 最新ニュース一覧

「Snap Camera」ARエフェクト全7種が無料公開

2020/05/01 17:45 AR/MR
VR/AR/MR 用語集