ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR体験中の表情がヘッドセットに浮かび上がる Googleが認識技術を応用

7月末に開催されたSIGGRAPHのEmerging Technologiesにて、米Google社はVR空間でのアバターに、実世界の顔を持ち込むことが可能になる技術を公開しました。通常、VRを体験中の体験者の顔はヘッドマウントディスプレイ(HMD)によって遮蔽されて見えなくなっていますが、この技術を使うとまるでHMDが透過したように通常の顔が見えます。

このような通常のHMDによって顔が遮蔽された画像が、

このように透過します。

セットアップは非常に単純で、画面の指示通りに顔を縦横に振って、画面上に表示される点を目で追うだけで終わります。所要時間は2,3分ほどでとても短いです。

利用されているハードウェアは、Intel RealsenseなどのRGB-Dカメラ、Oculus Rift DK2、そしてSMI社のアイトラッカーなどの市販で入手可能なものがほとんどです。HMDの中でアイトラッカーを使っているので、目を閉じたり回すとそれに応じて表示されます。さらに、首を振っても正しく表示されます。

ただしHMDの中に実際の顔があるかは検知しないためHMDを外すと顔が2つになってしまいます

GoogleによるプロモーションビデオではTilt Brushなどのゲームを使ったMixed Reality Captureと合わせて利用されているシーンなどもあり、VRを使ったライブパフォーマンスなどへの応用なども想像できます。

https://www.youtube.com/watch?v=MW7un0_s_Oc

(参考)
Google公式サイト (英語)
https://research.googleblog.com/2017/02/headset-removal-for-virtual-and-mixed.html

 

この記事を書いた人

長谷川陸央

ARが好きで、趣味でVRやARアプリを作ったりしています。
主にイベントレポートを担当させていただきます。
ボストン在住。
Twitter: @ISpaghet

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース