デイリーランキング

バンダイナムコは“VR事業が増収に寄与” 調査結果により明らかに

業界動向

2019/07/22 12:00

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

NVIDIAが広視野角・高解像度ARデバイス開発、米VR体験施設への大規模出資判明 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/07/22 08:00

VRで違和感のない触覚を実現するために フェイスブックが研究状況を公開

テック

2019/07/22 11:45

VTuberはビジネスで活用できる?メリットから課題まで語られた「VTuber活用丸わかりセミナー」レポ

VTuber利活用

2019/07/22 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ウェブで3Dモデルをグリグリ動かす グーグルがフォーマットやツールを発表

グーグルは、商品広告などに活用できる3Dコンテンツに関する発表を行いました。発表されたのは、モバイル向けに3Dオブジェクトを表示するフォーマット「Swirl」と3D素材サイトの編集機能強化の2点です。

3Dオブジェクト表示フォーマット”Swirl”

まずは、グーグル初のイマーシブ表示フォーマットとも言える”Swirl”です。Swirlを使うと、3Dのオブジェクトをモバイル向けウェブサイトに表示できます。たとえばオンラインショッピングをする際に、商品を360度あらゆる角度から眺め、購入の参考にすることが可能です。

オブジェクトの拡大や縮小、回転、アニメーションの再生といった操作に対応。グーグルのマーケティングツール”Display and Video 360”内で提供されます。

(スニーカーを回転させて確認したり(左)、スマートフォンの内部を見たり(右)することが可能)

3Dアセットライブラリ”Poly”の編集機能

そして、グーグルの3Dデータ素材ライブラリ”Poly”の新たな編集機能も発表されました。アニメーションの設定変更や背景のカスタマイズ、本物らしい陰影効果などの追加です。オブジェクトの編集をより簡単に、かつハイクオリティにすることで、Swirlを使った広告にリアルなビジュアルを掲載できます。

リリースは2019年夏

これらのツールは2019年夏にリリース予定。グーグルは企業や広告主が、より魅力的で製品購入につながるコンテンツを作れるようになると自信をのぞかせています。3Dアセットに関するグーグルのガイドはこちらで公開中です。

(参考)Google blog





視線追跡搭載の「VIVE Pro Eye」6月28日発売、中国発の“分離型”VRデバイス登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2019/06/24 11:00 業界動向

世界ランク1位から手ほどき VRでテニスレッスン

2019/06/24 11:00 ゲーム・アプリ