ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

落合陽一氏ら、広視野角・網膜投影のメガネ型HMD発表

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社は、新たな広視野角の透過型(シースルー型)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を発表しました。このHMDは2017年11月15日から17日にかけて開催された国際放送機器展「Inter BEE 2017」にて発表され、ピクシーダストテクノロジーズ社の代表取締役である筑波大学学長補佐・助教授、落合陽一氏のTwitterでも告知されています。

今回発表されたピクシーダストテクノロジーズ社のHMDはメガネ型のデバイス。網膜投影での表示となります。網膜投影型のディスプレイはAvegant社などが開発を進めていますが、Avegant社のデバイス「Glyph」は透過型ではありませんでした。

今回発表された技術では透過型で広い視野角を確保し、また理論的には発表された3Dモックイメージ程度のサイズまで小型化が実現できるとのこと。

筑波大学の落合陽一研究室(Digital Nature Group)とピクシーダストテクノロジーズ社は、10月22日に広視野角の透過型HMDを実現する映像投影技術Air Mounted Eyepieceを発表しています。Mogura VR編集部の問い合わせに対して、落合陽一氏は本HMDがその「続編」と回答。本HMDに使用されている空中投影技術は特許出願済であり、実際の小型化および製品化は今後チャレンジしていく見通しです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=fvUzAeQL9uA

今回発表されたHMDに使用されている技術について、同氏のTwitterによれば、11月19日(日)23時30分からTBS系列で放映されるテレビ番組「情熱大陸」にて詳細が語られるとのことです。

(参考)
・Pixie Dust Technologies 公式サイト
・落合陽一氏(@ochyai) Twitterアカウント

2017/11/16 20:45……発表された画像が3Dモックである旨、および小型化や製品化が今後のチャレンジである旨を追記、記事を修正いたしました。

この記事を書いた人

水原由紀

あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース