ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRは普及段階、AR/MRは“これから” ガートナーが予測発表

米国の調査会社ガートナーが、「先進テクノロジーのハイプ・サイクル:2018年」を発表しました。今後5~10年において高度な競争優位性をもたらす可能性が高い一連のテクノロジーに注目し、これからの動向を分析しています。

ガートナーの「ハイプ・サイクル」

ガートナーが毎年公開している「ハイプ・サイクル」は、新興技術の可能性の多くは過大評価、あるいは過小評価されがちであるため、その技術の成熟度を見極めることを目的としてグラフに表示したものです。

グラフは横軸に大きく5つの段階に分かれており、「黎明期」、過度な期待の「ピーク期」、「幻滅期」、「啓蒙活動期」、「生産の安定期」の順番に沿って発展するとしています。各期間の詳細な説明はガートナーの公式サイトで参照できます。

ハイプ・サイクルの2018年版では、先進技術のトレンドとして「AIの民主化」「エコシステムのデジタル化」「DIY(自己流)バイオハッキング」「透過的なイマーシブ・スペース」「ユビキタスなインフラストラクチャ」の5つを挙げています。AR/MRはバイオハッキング(遺伝子実験)に関する技術として言及されています。

ARは幻滅期のほぼ底に

昨年の発表で幻滅期の最中にあり、これからさらに下降すると予測されていたARは、幻滅期のほぼ底に達したとされています。今後は幻滅期を脱して啓蒙活動期へと入り、5~10年の期間をかけて一般へと普及するという予測です。

ARKitやARCoreといったプラットフォームが発表され、VRよりも速く普及するという調査結果もあるARですが、ガートナーの分析ではVRよりも普及に要する期間は長く予測されています。

MRは幻滅期に入ろうというフェーズ

MRは昨年の調査で明示されていませんでしたが、幻滅期に入ろうとしているという予測です。これからさらに下降し、普及までに5〜10年を要するとしています。

VRは普及の段階へ

一方VRは2018年版のハイプ・サイクルから姿を消しました。啓蒙活動期を経て、一般への普及段階に入ったと考えられます。現在VRコンテンツは一般向けのエンタテイメントにとどまらず、ビジネスや医療、教育分野など用途の拡大を見せています。

(参考)ガートナー・ジャパン株式会社プレスリリース

Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集