デイリーランキング

米Mojoの「スマートコンタクトレンズ」に注目、新たな一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/27 08:00

Oculus Questの対抗馬なるか 一体型VRヘッドセット「Pico Neo 2」体験レポ

業界動向

2020/01/23 12:00

マイクロソフト「HoloLens 2」、産業・軍事向けカスタマイズ版を発表

活用事例

2020/01/24 18:30

国内のARトレンド最前線、Docomo Open Houseが一大展示会になっていた

業界動向

2020/01/23 15:00

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視線追跡が可能なVRヘッドセット「FOVE」、Kiskstarterで70万ドルを達成すれば位置トラッキングに対応

視線追跡が可能なVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)「FOVE」が、現在実施中のクラウドファンディングで70万ドルが集まれば、位置のトラッキングシステムに対応することを発表しました。

d3aa47bd0bd637fa79c285526a592e2e_original

FOVEは、以前紹介したように、頭の動きに加え、高精度な視線追跡が行えます。視線追跡により、照準を合わせたり、視線によってVR内のコミュニケーションが進んだりと、より現実に近い自然なVR体験が可能になります。

Kickstarterでのクラウドファンディングは目標金額25万ドル(約3000万円)を数日で集めきり、6月17日時点では44万ドル以上を集めています。6月17日に、70万ドル以上集まった場合のストレッチゴール(追加目標)としてプレイヤーの位置をトラッキングするシステムへの対応を発表しました。

対応するのは、Valve社が開発中のVRシステムSteam VRで使用される位置トラッキングデバイス「Lighthouse」です。Steam VRはHTC viveという名称のVRヘッドマウントディスプレイとLighthouseのセットを今年中に発売するとしています。Lighthouseは、プレイする際に部屋の2箇所に設置することでプレイヤーの位置とコントローラーの位置をトラッキングできるデバイスです。FOVE社は、対応についてValve社と既に交渉を進めています。


(参考)
Did someone say Lighthouse? Unlock our $700k stretch goal! – FOVE Kickstarterページ内 Update
https://www.kickstarter.com/projects/fove/fove-the-worlds-first-eye-tracking-virtual-reality/posts/1265344


210度の視野角の「Star VR」。E3で車椅子に座ってゾンビを撃退する『ウォーキング・デッド』のデモを展示

2015/06/17 12:00 イベント情報

VR空間で会話できるアプリがG-Tuneの直営店「G-Tune:Garage」にて体験可能に

2015/06/17 12:00 イベント情報
新規CTA