デイリーランキング

パナソニックのVRグラス「超小型・高解像度」実現のカギは?

テック

2021/01/20 18:30

Rokidが新たなメガネ型ARデバイスを発表、ウェーブガイド技術採用

テック

2021/01/20 18:00

三菱地所らが「バーチャル丸の内」展開へ デジタル空間での街のあり方を探る

業界動向

2021/01/20 20:13

パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート、レノボは新ARグラス発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/01/18 08:00

リコーが実在施設をVRで再現、遠隔から来訪可能に

活用事例

2021/01/18 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視線追跡できる次世代のVRHMD「FOVE」48万ドルを集めてKickstarterを終了

7月4日、Kickstarterを行っていたVRHMD「FOVE」が約48万ドル(約5800万円)と当初の目標金額の25万ドルの倍近い金額を集め、キャンペーンを終了しました。

a0f15d34356c1cb46c7aa86e99034529_original

目標金額の25万ドルは開始72時間で集め終わり、最終的には約48万ドルを1480人から集めました。

FOVEはOculus Riftなどと同様に、360度の体験ができるVRヘッドマウントディスプレイです。最大の特徴は目の動きを認識できるという点。目線でポインターを動かしてシューティングゲームの照準を合わせたり、VR内のキャラクターが目線に反応するコミュニケーションがとれたり、とより自然な認識ができることが特徴です。FOVEの開発チームは、Oculus Riftなどのヘッドトラッキングができる「存在感のあるVR」を第一世代、Oculus TouchやLighthouseといった入力やVRからのフィードバックを感じる「干渉できるVR」を第2世代とした上で、視線追跡などで実現する「感情のVR」が第3世代のVRになるとして開発を進めています。

開発者版の出荷は2016年春に予定しています。


バンナム、Project Morpheus対応VRゲーム「サマーレッスン」に関する3コマのセッションをCEDECにて実施

2015/07/05 11:45 PlayStation VR(PSVR)最新情報

AR×VRでナルトの世界を体験できる謎解きイベント「BORUTOと謎隠れの里-解術編-」が全国イオンシネマにて開催

2015/07/05 11:45 イベント情報