デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

視線追跡できる次世代のVRHMD「FOVE」48万ドルを集めてKickstarterを終了

7月4日、Kickstarterを行っていたVRHMD「FOVE」が約48万ドル(約5800万円)と当初の目標金額の25万ドルの倍近い金額を集め、キャンペーンを終了しました。

a0f15d34356c1cb46c7aa86e99034529_original

目標金額の25万ドルは開始72時間で集め終わり、最終的には約48万ドルを1480人から集めました。

FOVEはOculus Riftなどと同様に、360度の体験ができるVRヘッドマウントディスプレイです。最大の特徴は目の動きを認識できるという点。目線でポインターを動かしてシューティングゲームの照準を合わせたり、VR内のキャラクターが目線に反応するコミュニケーションがとれたり、とより自然な認識ができることが特徴です。FOVEの開発チームは、Oculus Riftなどのヘッドトラッキングができる「存在感のあるVR」を第一世代、Oculus TouchやLighthouseといった入力やVRからのフィードバックを感じる「干渉できるVR」を第2世代とした上で、視線追跡などで実現する「感情のVR」が第3世代のVRになるとして開発を進めています。

開発者版の出荷は2016年春に予定しています。



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


バンナム、Project Morpheus対応VRゲーム「サマーレッスン」に関する3コマのセッションをCEDECにて実施

2015/07/05 11:45 PlayStation VR(PSVR)最新情報

AR×VRでナルトの世界を体験できる謎解きイベント「BORUTOと謎隠れの里-解術編-」が全国イオンシネマにて開催

2015/07/05 11:45 イベント情報
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集