デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRソフトウェア開発のディヴァース、凸版印刷株式会社と資本業務提携

VRソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.は、凸版印刷株式会社と2017年5月31日に資本業務提携に関する契約を締結したことを発表しました。

これにより、ディヴァースは凸版印刷から100万USドル(約1億1,000万円)を取得。今後はこの資本業務提携に基づいて、ディヴァース開発の”VR内で3DCADを実寸で体感できる”PC向けソフトウェア『SYMMETRY alpha(シンメトリー アルファ)』と凸版印刷のノウハウや技術を融合し、VR分野におけるソリューションサービスの共同開発を進めてゆくとのことです。

SYMMETRY alphaとは

『SYMMETRY alpha』は、PC向けのVRヘッドマウントディスプレイであるHTC Viveを装着し、PCに保存されている3Dモデルのskp形式ファイルを読み込むだけで、VR空間内にモデルを呼び出すことが可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=GS0iqunTRCs

本ソフトウェアは「誰もが簡単に3DCADをVR化することが可能なため、様々な相手とのイメージ共有やコミュニケーション・意形成を円滑にする」としています。

『SYMMETRY alpha』で実際にいくつかのskpファイルを読み込んで使用してみたところ、ルームスケールで実寸のモデル内部を移動したり、モデルを外から眺めたり……といった動作が快適に可能でした。VR空間内部を歩き回るだけでなく、コントローラ操作でのワープ移動ができるため、建物や部屋の大まかなサイズ感を軽く見るぶんにも問題ありません。
本ソフトウェアは建築や土木工事といった分野、そしてモデルルームの展示などで力を発揮しそうです。他にもイベント会場やスペースのサイズをチェックする等での利用も考えられそうです。

また、『SYMMETRY alpha』は上述の通りHTC Viveに対応しており、Steamにて無料公開がなされています。

SNSがVR対応すると便利?Facebookが近日中に対応

2017/07/10 11:48 テック

スマホをかざすARスニーカー オニツカタイガーとアンリアレイジがコラボ

2017/07/10 11:48 テック