デイリーランキング

マイクロソフトが米ゲーム大手を7.8兆円で買収、Unityと現代自動車が提携 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2022/01/24 08:00

地球を飛び回れる『Google Earth VR』ストリートビューが対応

テック

2017/09/15 19:30

「Quest 2は長い間、展開することになる」改めて明らかに

業界動向

2021/12/29 19:30

日産が技能トレーニングに「HoloLens 2」活用、次世代のクルマづくりを加速

活用事例

2022/01/21 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.23

メタバース

2022/01/25 11:30 New

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Cerevo、VRシューズ「Taclim」一新 自分で触覚デバイスを作れるキットも

「1/1ドミネーター」などユニークな製品で知られる日本のハードウェアメーカーCerevoは、ラスベガスで開催中のCES2018に合わせて触覚付のVRシューズ「Taclim」の改良版を発表しました。また、自作のコントローラー等に組み込むための触覚モジュールを単体販売することも発表しています。

Taclimを大幅に変更

Cerevoは1年前のCES2017で、地面の触感が分かるVR用のシューズ型デバイスTaclimを発表しました。触感を再現するタクタイル・デバイスを内蔵しています。当時は足踏みで移動するようなコントローラー機能を搭載、2017年中の発売としていました。今回、体験者からのフィードバックやその後の周辺状況の変化などを受けて、仕様を一新したとのこと。

変更点としては、足裏スイッチで歩行・着地の検出を確実にしています。踵とつま先にスイッチを内蔵し、踏み降ろしたときの反応が確実になったとのこと。Viveトラッカーの取り付けネジを備えて、移動のトラッキングを可能にしました。

誰も触感込みのコントローラーを作れる

Cerevoは手に持つ想定で開発していたTaclim用のコントローラーを転換し、触感モジュール「Taclim Module」を開発しました。「モジュールを製品やアタッチメントに取り付けることで、触感をフィードバックするVRコントローラーを簡単に作ること」ができるデバイスになります。

タクタイルフィードバックモーターを使用し、任天堂のゲーム機Switchのコントローラーなどと似ている振動ではなく超音波モーターに近い方法で触感を再現します。加速度センサーを搭載した「通信ユニット」、タクタイル・デバイスを搭載した「触感ユニット」で構成されており、1台の通信ユニットに複数の触感ユニットを接続することも可能です。

このTaclim Moduleを様々なデバイスに組み込むことであらゆるもので触感の再現が可能になります。銃に3箇所に装着すると撃ったときの反動が心地よく返ってきます。また、ハンドル型コントローラーに取り付け、Taclimとを履くことで運転の振動が感じられるようになります。

Taclim Moduleの開発に当たっては、「触感デバイスを使いたいがゼロからの開発は厳しい…という事業者からの声もあった。事業者向けのサービスを目指している」(Cerevo代表 岩佐 琢磨氏)とのこと。

Taclim、Taclim Moduleともに2018年夏の発売を目指しています。Taclim一足とModule一式(通信ユニット1つ、触感ユニット2つ)で10~15万円程度の予定とのことです。

(参考)
https://info-blog.cerevo.com/2018/01/09/3904/


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

一体型VRヘッドセットOculus GoはXiaomi製、中国市場も狙う

2018/01/09 11:00 Oculus Go 最新情報

リコー、360度カメラ「THETA V」ユーザーのプラグイン開発支援を発表

2018/01/09 11:00 活用事例
VR/AR/MR 用語集