デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AntiLatencyのトラッキングシステムがアップデート、Oculus Questへ対応

ロシアのスタートアップAntiLatencyが開発・販売するトラッキングシステムとモジュール「ALT」が、Oculus Quest(オキュラス クエスト)に対応したことが発表されました。Oculus Questのハンドトラッキング機能と組み合わせることで、全身トラッキングを実現します。

AntiLatencyが開発・販売する「ALT」は、重さ12gの軽量トラッキングモジュール。主に体験型VR施設での使用が想定されています。広視野角の光学トラッキングを用いており、専用のフロアシートに埋め込まれたセンサーとの関係から位置を推定・認識する仕組みです。

全身のトラッキングが可能に

AntiLatencyによれば、「ALT」によって実施される頭部と脚部のトラッキング、そして先日Oculus Questに実装されたハンドトラッキングを組み合わせることで、全身トラッキング(フルトラッキング)が可能になるとのこと。

さらにAntiLatencyはまた、6DoFに対応したハンドコントローラー「The Bracer」も今回の発表でお披露目。同コントローラーは非常に軽いことが特長で、手のひらに装着する形で使用します。

より柔軟なセットアップに対応

今回のOculus Questへの対応は、トラッキングシステムのソフトウェア開発キット(SDK)のアップデート(バージョン1.0.0)に伴う形で導入されました。アップデートでは「様々なユースケースに対応するためのシステムの柔軟化」など、様々な改善が実施されました。

米メディアUploadVRは、今回のアップデートはAntiLatencyが発表した「ALT」の新セットアップ形式と大きく作用すると説明しています。新セットアップは、これまで使用されていた専用フロアマットの代わりに、天井に設置するマーカーとワイヤーをトラッキング使用するというもの。持ち運びなどの手間は増大するものの、障害物や(現実の)壁などの位置を、VR内に反映することが可能とされています。

重量わずか12gの超軽量モーショントラッカー発売、開発者キットは350ドルから | Mogura VR

重量わずか12gの超軽量モーショントラッカー発売、開発者キットは350ドルから | Mogura VR

MoguraVR

重量わずか12g、あらゆるデバイスをトラッキングする超軽量モーショントラッカーが登場 | Mogura VR

重量わずか12g、あらゆるデバイスをトラッキングする超軽量モーショントラッカーが登場 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

フェイスブックの法人向けVRサービス「Oculus for Business」、Oculus Goは対象外に

2020/01/22 18:30 業界動向

第一弾はSixTONES ドコモ 「8KVRライブ」配信を3月よりスタート

2020/01/22 18:30 VR動画
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集