デイリーランキング

フェイスブックの新VRデバイス「Rift S」49,800円で今春発売、HPも新たに「Reverb」発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/03/25 08:00

HTC、開発者向けに唇の動きをトラッキングするモジュールを発表

テック

2019/03/23 20:00

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

重さ40gの小型VRゴーグル 企業向けカスタマイズ提供

重さ40グラムの折りたたみ式小型VRゴーグル「カセット」を展開する株式会社エフマイナーは、同デバイスの企業向けカスタマイズを開始しました。

同社は、複数のデバイスでVRコンテンツをリアルタイム同期できる「遠隔同期」と本デバイスを組み合わせて、業務効率化・成約率向上のツールとして様々な事業者に提供していくとのことです。

折りたたみ式小型VRゴーグル「カセット」

第一弾として、同社のVR制作・編集ソフト「3D Stylee」ユーザーである東京建物株式会社が開発に携わったオフィスビル「エンパイヤビル」の内覧会に活用されました。

内覧会に際して制作された、エンパイヤビルを疑似内覧できる360度コンテンツは、スマートフォンでアプリを使わず内覧の疑似体験ができるため、内覧に参加することができなかった社員も体験を共有することが可能です。このような活用方法により、検討期間の短縮や成約率の向上が期待されるとのことです。

VRゴーグル「カセット」について

カセットはスマートフォンに装着して利用するVRゴーグルです。メガネをつけたままでの体験も可能となっており、折りたたむことで手のひらや胸ポケットに収まるサイズになるため持ち運びにも便利です。

従来のノベルティグッズ使用されるVRゴーグルは段ボールなどの紙製のものが主流でした。しかし、組み立てるのが大変、かさばる、数回使うと顔の皮脂がしみ込んでしまう、使用後に捨てられてしまうなどのデメリットがありました。

そういったデメリットに対し「カセット」は、プラスチック製で顔に密着させる必要がない、コンパクトな折りたたみ式VRゴーグルとなっています。

同デバイスの一般販売価格は1,800円(税込)。500個以上の購入だと、1つあたり1,000円以下、3,000個以上で600円以下での提供が可能とのことです。

デザインのカスタマイズは25個以上から可能です。外観部分にシール貼付したデザインカスタマイズとなります。また、500個以上であれば、軸の外側の部分のデザインをカスタマイズしたプリント、眉間の部分の色変更が可能とのこと。事業者向けカスタマイズ提供の詳細はこちらのページより。

(参考)
株式会社エフマイナー プレスリリース
https://3dstylee.com/news/release05

セコム、企業研修にVR活用 危険事例を疑似体験

2017/11/07 15:20 ビジネス活用事例

「効果は絶大」HoloLensで大型バス向けハイブリッドエンジンを販売する英スタートアップ

2017/11/07 15:20 ビジネス活用事例