3Dモデルを作るVRツール『Medium』複数人が参加可能に

PC向けVRヘッドマウントディスプレイOculus Riftでリリースされている、VR造形ツール『Medium』の大幅なアップデートがありました。今回のアップデートの大きな特徴はオンラインで同じ仮想空間で複数人が造形可能になる”Studio Share機能”が追加されたとOculusブログに記述されています。

https://www.youtube.com/watch?v=yQjWJRF22Sc

Studio Shareで共有しながら造形

造形作業をしている間、ヒントやテクニックを共有したり、ユーザーが作った作品をリアルタイムでフィードバックすることなどができるほか、セッションそのものを記録したり、オキュラスフォームで共有することもできます。現時点では、同じ造形物を同時に複数人が作業することはできない模様です。


プロのアーティストはこの新しい機能Studio Shareを使用することで、独創的でインタラクティブでクリエイティブなレビューをしたり、デザインについて話したり、カメラアングルを試すといったことが容易にできるようになります。

Studio Shareは現在ベータ版となっています。

オンラインでインスピレーションを加速

MediumのWebページに「Featured Artist」セクションが追加されました。そこでは、多様なアーティストが作った作品のリストが紹介されています。ユーザーは次の彫刻を考えるときに、毎月更新される新しいギャラリーを閲覧することができます。

実用的なアップグレード

今回の『Medium』のアップデートでは、Studio Share以外にもVRでの造形が今までよりも容易になるツールがいくつか紹介されています。

・Move Toolー造形した3Dモデルをつかみ、壊すことなく調整することができます。
・Reference Meshes―3Dメッシュのインポートやプリロードされたサンプルを使用し参照することができます。
・Color Picker Eyedropper and Palettes—スポイトを使用して、参照画像からカラーを取り出し、カラーパレットに追加することができます。
・Manipulators―オブジェクトとレイヤーを軸に沿って回転させ、スケーリングします。
・Sculpt Origin―造形物のエクスポートをするために、造形物の位置や方向、サイズを設定することができます。

(参考)
Medium – Oculusー(英語)
https://www.oculus.com/medium/
Introducing Studio Share: Sculpt with Friends in Oculus Mediumー(英語)
https://www.oculus.com/blog/introducing-studio-share-sculpt-with-friends-in-oculus-medium/

関連するキーワード: MediumOculus Rift

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!