拡大する世界のVR業界 最新の業界マップが公開

アメリカのVR/AR専門投資ファンドThe Venture Reality Fundは、同ファンドが継続して作成している業界マップ「VR Industry Landscape」の2017年第1四半期版を公開しました。この業界マップは、VR業界を上からコンテンツ、プラットフォーム・ミドルウェア、ハードウェアの3層で分類したものです。

最大の成長を見せたのはコンテンツ分野

今回の業界マップでは、掲載企業数が40%増加しました。その中で最も増えたのはコンテンツ分野です。

特に成長が顕著に見られたのは、ゲームやエンターテイメントの分野で、2倍に成長したという結果が出ています。ゲーム大手企業だけでなく、起業したばかりの比較的小さなベンチャー企業などでも成長が見られているとのこと。

施設でVR体験が可能なロケーションベースの分野では、日本のVR ZONE(バンダイナムコエンターテインメント)、セガや韓国のSkonecなどが追加されています。

盛り上がりつつある、医療や教育、報道でのVRの活用

医療・福祉や教育、さらにはジャーナリズムなどの分野でもプレイヤーが増えつつあります。VRを使った広告宣伝や分析などに取り組む企業も増えてきました。

360度ビデオなどのVRコンテンツも成長

360度ビデオや写真などのVRコンテンツ開発、3D音響に関わる企業も増えています。

VRが世界に広がるためのインフラもさらに展開

VRのインフラも大きく拡大しています。HPやLenovoなどのメーカーを巻き込み、Windowsも独自のVRプラットフォームWindows Mixed Realityを発表しました。

The VR Fundでは、これまでもAR業界マップ「AR Industry Landscape」やヨーロッパのVR業界を俯瞰できる「European VR Industry Landscape」を公開しています。

「VR Industry Landscape」の詳細は、公式サイトより見ることが可能です。

(参考)

Global VR Industry Grows 40% Over Last Quarter

 http://www.vrfocus.com/2017/03/global-vr-industry-grows-40-over-last-quarter/  (英語)

※Mogura VR は、VRFocusとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ