グーグル、スマホの外箱をVRゴーグルにする特許を申請

グーグルが、スマートフォンのパッケージをVRヘッドセット(いわゆるVRゴーグル)にする特許を申請していたことが明らかとなりました。申請日は2016年2月24日、公開日は2017年2月2日です。

パッケージがVRゴーグルになることで、スマートフォンを購入するとそのままVR体験が可能になり、VRの敷居がさらに下がることに期待できます。

ライトなVR体験を

グーグルが今回特許を取得したスマホパッケージから組み立てるVRゴーグルは、2014年より同社が展開しているスマホVR向けのプラットフォームCardboardの規格に従った簡易なものになると推測されます。Cardboardは既に全世界に1,000万台以上が出荷されています。

今回の特許により公開されたVRゴーグルは、レンズが2つ組み込まれており、上部にタップを行うための簡単なボタンが備わっています。材質はプラスチックや布、厚紙などが挙げられており、汎用性の高い記述がされています。

グーグルは、Cardboard以外にも、より高品質で没入感のあるDaydreamというプラットフォームも提供しています。VRゴーグルを「VR lite」(ライトなVR)として簡単に使えるものとして提供し、さらに高品質なVR体験を希望するユーザーはDaydreamへ、といった流れを想定していると考えられます。

高品質で快適なVR体験が可能なDaydream

パッケージをVRゴーグルにするアイデア

商品パッケージをVRゴーグルとして提供するアイデアは、グーグル以外にも採用されています。

フランスのスマートフォンメーカーのアルカテルが2016年11月に発売した「IDOL4」は、まさにスマートフォンのパッケージがそのままVRゴーグルになるというものでした。

iPhoneに挿して使える360度カメラの「Insta 360 Nano」は外箱を組み立てるとVRゴーグルになります。

また、コカコーラの500mlペットボトル12個入りのケースをVRゴーグルに組み立てる取組やマクドナルドの食事が入った箱を組み立てるとVRゴーグルになるキャンペーンなどもこれまで行われています。

グーグル純正のスマートフォンだけでなくAndroid製スマートフォンのパッケージがVRゴーグルになるようなより広範で統一的な取組に期待したいところです。

 


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii