Valveの新型VR用コントローラー「Knuckles」開発者版これまでのコントローラーと比較

Valve社は2016年末のSteam Dev Daysで発表した新型コントローラー「Knuckles」の開発キットを一部の開発者に配布を開始しました。今のところ入手方法は公開されていませんが、早くからVRゲーム開発を行い、Valve社と協業しているゲームスタジオCloudhead Games社が開発キットの写真を公開しました。

Valve社の新型コントローラー「Knuckles」

先週、Valve社は「Knuckles」コントローラー開発キットの発送と合わせて、新型コントローラーに関する詳細や開発者向けの情報を公開しました。発表時のビデオによると、コントローラーは5本の指の動きをセンシングしてトラッキングすることが可能になり、より臨場感をもったVR体験ができるとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=kovhtH3r9o0

(関連記事)
VRで手を動かすために SteamVRの新コントローラー「Knuckles」は5本の指を認識

初期のプロトタイプから装着性などを向上

Valve社は2016年後半からプロトタイプ版の開発を初め、最新の開発キットまでエルゴノミクスの改善のためにコントローラーの形状を大きく変更しています。初期のプロトタイプと開発キットの比較写真を見ると、メイングリップのサイズが大きくなっていますが、手への装着方法はベルクロの付いたグローブタイプからしっかりとした布地に変更されています。また、中央のボタンは楕円形状から円形状に変わっています。

写真をみると、最新の開発キットはまだトラッキング用のフォトダイオードが露出していますが、市販されているViveコントローラーはセンサーが壊れないように透明なプラスチックで保護されています。Knucklesコントローラーも市販されるときは同様の保護がされると思われます。
Cloudhead Games社が公開した別の写真は最も初期のSteamVRコントローラーからKnuckles開発キットまでの変遷を表わしています。

また、Knuclesコントローラーが現在市販されているSteamVRトラッキングベースステーションの後方互換性を持っていて、これらの組み合わせで正常に動作することをCloudhead Games社で確認しています。

発売日や価格についてはまだ公表されず パートナーとの協業にも注目

Valve社はKnuclesコントローラーが一般向けに発売する時期や、価格については明らかにしていません。実際に製造、販売するときはHTCのようなSteamVRのパートナーと共に一般へ向けて発売すると考えられます。その一方で、SteamVRトラッキングベースステーションは直接Valve社が販売すると発表があったため最終的にどのような形で販売されるのかはまだ分かっていません。また、LGも自社でSteamVRに対応するVRヘッドセットを開発していますが、Knucklesコントローラーと連携できるのかなど続報が待たれます。

(参考)
Valve’s Knuckles Controllers Get Ergonomic Improvements, Begin Arriving at Devs’ Doorsteps – (英語)
http://www.roadtovr.com/valves-knuckles-controllers-get-ergonomic-improvements-begin-arriving-devs-doorsteps/

MoguraVRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • あつぽん

    日本でMRシステムの開発に携わった後アメリカへ渡り、VR/MRシステムを企業へ導入するための検討・開発に従事。現在は日本在住。

    人間の能力そのものを拡張させるテクノロジー「ヒューマンオーグメンテーション」のコンセプトに惹かれ、その界隈の動向に強い関心を持っています。その中で実用化フェーズにあるVR/MRの盛り上がりをより広い範囲へわかりやすく伝えていきたいと思っています。

    Twitter:@atupon

    Blog:http://nybiboroku.info/

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!