Twitter、AR・VRチームを発足 元Appleのデザイナーも

Twitterが新たなAR・VRの開発に焦点を置いたチームを発足するにあたり、元Apple社のデザイナーであるAlessandro Sabatelli氏を雇用したことが先日明らかになりました。AR・VR開発技術の更なる強化に乗り出すようです。

image00

AR・VR技術のプロフェッショナル

Alessandro Sabatelli氏は元々Apple社にて、”iTunes music visualizer” の開発や、”iOS”、”OS X”、”Watch OS” のインターフェイスデザインに携わり、その後はIXOMOXIというベンチャー企業にてGear VR向けのコンテンツを開発していました。これらの経験により、今回の雇用に至ったと考えられます。

ちなみに彼のLinkedInのプロフィールには、「空間的なコンピューティング技術の革命は我々に力を与える」のように記載されています。そしてTwitterの発表によると、同氏はこれから開発部門「Twitter Cortex」の下に新設されたAugmented Reality(AR)チームを統括することになるようです。

彼がApple在籍中に取った特許には、ARとVRに関連する「言語ベースユーザーインターフェースとロケーションベース通知システム」があります。特許の所有者はAppleですが、今後開発するコンテンツも同技術を必要とするものと思われます。


芸術家の視点から見た、文章がARにより空間にオーバーレイ表示された空間(HYPER-REALITY)。Twitterが開発中のアプリもこのようなものになるのだろうか。

ライバルであるFacebookに対抗か

Twitterは最近、AI ・マシンラーニング関連の英ベンチャー企業「Magic Pony」を買収しました。Magic PonyはTwitterの「Cortex」人工知能開発グループに所属しており、同社の所有する360度ストリーミング動画に関連する特許などが、TwitterのVR・AR戦略にとって重要なものになる可能性考えられます。

既に360度動画に対応するFacebookに対し、Twitterがこれらの動きによりどのようなサービスを展開するのか、関心が集まります。

(関連記事)
NBAファイナルの舞台裏を、360度動画としてTwitter上で配信。

TwitterのVine担当幹部がGoogleのVR部門へ

(参考)
Twitter Dives Into AR and VR, Hires Ex-Apple Designer To Lead New Team(英語)
https://uploadvr.com/twitter-ar-vr-team-hire/

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/