PCもスマホも不要、AR/VR用ワイヤレスHMD「Sulon Q」、AMDをパートナーに迎え今春リリース

Sulon Q
カナダのスタートアップSulonはアメリカのゲーム開発者イベントGDC 2016にて、AR/VR用ヘッドマウントディスプレイ「Sulon Q」をリリースすることを発表しました。

「Sulon Q」の最大の特徴は、本体以外の機器を何も必要としないところ。HMDにスマホをセットする必要も、PCに接続する必要もなく、本体を被るだけでただちに使用することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=zPT4-nRP7Bk

「Sulon Q」のスペックを簡単に紹介すると以下の通り。

用途 : VR、AR、Spatial Computing
APU(CPU+GPU) : AMD FX-8800P
ディスプレイ : 2560×1440の有機EL
視野角 : 110度
FPS : 90Hz

Sulon Q

Sulon Q

各種センサはもちろんのこと、HMDの前面にはカメラも搭載されており、これらによってトラッキング、視覚情報の取得を行うため、外部のセンサやカメラも不要です。「Spatial Processing Unit」と呼ばれるこれらのカメラと、AMDによる次世代のプロセッサーがリアルタイムのマッピングを可能にし、AR/VRどちらのデバイスとしても用いることができます。

音声は「AstoundSound technology」という技術を用いて3Dオーディオに対応。

https://vimeo.com/158922156

デモソフト「Magic Beans」、魔法の豆が今いる部屋の中で芽吹き、天井を突き破ると・・・

また、OSとしてはWindows 10が最初からインストールされています。またAPIとしてはAMDの提供するLiquid VRが搭載されています。対応アプリはまだデモソフトしかありませんが、Windows 10上で動作するものなら全て対応可能になるとのこと。Oculus Rift、HTC Vive向けのソフトとの対応状況が気になるところです。

Sulonはこれまで、2014年のGDCなどではARヘッドマウントディスプレイ「Cortex」を発表してきました。本デバイスは、これの開発をさらに進めた結果ということになります。

価格は近日公開。発売は2016年春の終わりごろを予定しています。

(参考)
Sneak peek of the Sulon Q™, the world’s first and only all-in-one, tether-free, “wear and play” headset for VR, AR and spatial computing – Sulon公式ニュース
http://www.sulon.com/blog/sulon-q-sneak-peek

AMD And Sulon Technologies Announce Mixed Reality Headset – UploadVR
http://uploadvr.com/sulon-headset-powered-by-amd-promises-redirected-walking/

新発表、レポートなどGDC2016関連の記事はこちらからご覧いただけます。

GDC2016特集

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/