PCもスマホも不要、AR/VR用ワイヤレスHMD「Sulon Q」、AMDをパートナーに迎え今春リリース

Sulon Q
カナダのスタートアップSulonはアメリカのゲーム開発者イベントGDC 2016にて、AR/VR用ヘッドマウントディスプレイ「Sulon Q」をリリースすることを発表しました。

「Sulon Q」の最大の特徴は、本体以外の機器を何も必要としないところ。HMDにスマホをセットする必要も、PCに接続する必要もなく、本体を被るだけでただちに使用することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=zPT4-nRP7Bk

「Sulon Q」のスペックを簡単に紹介すると以下の通り。

用途 : VR、AR、Spatial Computing
APU(CPU+GPU) : AMD FX-8800P
ディスプレイ : 2560×1440の有機EL
視野角 : 110度
FPS : 90Hz

Sulon Q

Sulon Q

各種センサはもちろんのこと、HMDの前面にはカメラも搭載されており、これらによってトラッキング、視覚情報の取得を行うため、外部のセンサやカメラも不要です。「Spatial Processing Unit」と呼ばれるこれらのカメラと、AMDによる次世代のプロセッサーがリアルタイムのマッピングを可能にし、AR/VRどちらのデバイスとしても用いることができます。

音声は「AstoundSound technology」という技術を用いて3Dオーディオに対応。

https://vimeo.com/158922156

デモソフト「Magic Beans」、魔法の豆が今いる部屋の中で芽吹き、天井を突き破ると・・・

また、OSとしてはWindows 10が最初からインストールされています。またAPIとしてはAMDの提供するLiquid VRが搭載されています。対応アプリはまだデモソフトしかありませんが、Windows 10上で動作するものなら全て対応可能になるとのこと。Oculus Rift、HTC Vive向けのソフトとの対応状況が気になるところです。

Sulonはこれまで、2014年のGDCなどではARヘッドマウントディスプレイ「Cortex」を発表してきました。本デバイスは、これの開発をさらに進めた結果ということになります。

価格は近日公開。発売は2016年春の終わりごろを予定しています。

(参考)
Sneak peek of the Sulon Q™, the world’s first and only all-in-one, tether-free, “wear and play” headset for VR, AR and spatial computing – Sulon公式ニュース
http://www.sulon.com/blog/sulon-q-sneak-peek

AMD And Sulon Technologies Announce Mixed Reality Headset – UploadVR
http://uploadvr.com/sulon-headset-powered-by-amd-promises-redirected-walking/

この記事を書いた人

  • 東京大学工学部,UT-virtual所属.趣味は音楽(作詞作曲編曲)や物語の創作.ストーリーテリングや人間の振る舞いを変化させるための強力なツールとしてVRに強く惹かれています.境界が曖昧なものと予測不可能なもの,そしてvirtualという概念が好きです。

    Twitter:@yunoLv3

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ