Qualcomm、視線も位置も手もトラッキング可能な一体型VRデバイスを発表

スマートフォン向けのチップセットを製造しているQualcommは、新たなVRデバイスのリファレンスモデルを発表しました。この新たなVRヘッドセットは、PCにつないだり、スマートフォンを挿し込むのではなく、プロセッサを内蔵した一体型のVRヘッドマウントディスプレイです。

image01

Qualcommの新型VRデバイスはSnapdragon VR820と呼ばれているとのこと。VR対応を謳う同社のプロセッサSnapdragon 820を採用したモデルとなります。2880×1440の有機ELディスプレイを搭載し、描画の滑らかさを示すフレームレートは70Hz以上。レイテンシーは18ms以下とのこと。

4基のカメラを搭載しており、2つは内側にあるためアイトラッキングが、フロントについている2つがプレイヤーの位置や手の動きをトラッキングできます。

ジャイロセンサー、加速度センサーなどを備え、さらにマイクが4つ搭載。ODMで製造を行っている中国のGoertek社がデザインを手がけています。
image00
この新型デバイスはリファレンスモデルということで、そのまま市場に投入されるわけではありません。各メーカーがこのモデルを参考に、新たなヘッドセットを開発することになります。

今回発表されたモデルは、「一体型でワイヤレス」、「視線トラッキング」、「位置トラッキング」、「ハンドトラッキング」と言った次世代モデルに求めたい要件が満たされています。

これはOculus Riftなどの現行のハイエンドなVRデバイスが抱える「有線」「PCやPS4などメインマシンが必要」といった問題とGoogle CardboardなどスマホタイプのVRデバイスが抱える「低品質」「頭を動かすことしかできず没入感が低い」といった問題の両方に応えるような要件です。

果たしてどの程度快適な体験になるのかは全くの未知数ですが、その処理を担うチップセットを製造するQualcomm社からこういったモデルが提示されていることは興味深い点です。

8月には同様にインテルが、一体型で位置トラッキングやハンドトラッキングが可能なVRデバイス「Project Alloy」をリファレンスモデルとして発表しています。

(参考)
http://www.roadtovr.com/qualcomm-snapdragon-vr820-vr-headset-reference-design/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/