8KのVRヘッドセットPimax 8K、KickstarterでOculus Rift超え

中国のヘッドセットメーカーPimaxは、8K画質のVRヘッドセット『Pimax 8K』を開発しており、現在Kickstarterでクラウドファンディングを行なっています。

同デバイスは20万ドル(約2,200万円)の目標金額を設定していましたが、予想を上回る速さで目標を達成、10月29日時点では300万ドル(約3億円)近い資金を集めています。これはOculus Riftが2012年に集めた240万ドル(約2億7,000万円)を超える額で、これまでにクラウドファンディングで最も多くの資金を集めたVRヘッドセットとなります。

『Pimax 8K』とは

『Pimax 8K』は高画質、広視野角に対応したVRヘッドセットで、4K画質の映像を表示可能なディスプレイを2枚搭載しています。Oculus RiftやHTC Viveを超える高画質なVR体験が可能で、SteamVRにも対応しています。また、HTC Viveのベースステーションとコントローラーを流用することもできます。視野角は200度と広く、人間の眼の視野角である220度にかなり近づいた映像表示が可能です。また、5K画質の映像を表示する廉価モデル『Pimax 5K』も発表しています。

目標金額を大幅に超える資金を調達

同デバイスは9月よりKickstarterで資金調達を開始、当初は目標金額を20万ドルに設定していましたが、開始してからわずか数時間で目標金額を集め、開始5日目には100万ドル(約1億円)を達成しました。そして4つめのストレッチゴールである200万ドル(約2億2,000万円)も達成し、現在300万ドル近い資金を集め。4,516人の支援者が参加しています。

Oculus Riftを超える調達額

今回Pimaxがは2012年にOculus Riftがクラウドファンディングを行なった時に公募した金額を上回ります。同デバイスは2012年9月にKickstarterで240万ドルを公募、9,522人の支援者が参加しました。『Pimax 8K』は支援者の数ではOculus Riftに及ばないものの、調達額では同デバイスを追い抜く結果となりました。

『Pimax 8K』は現時点で割引で製品が手に入るものは、ほぼすべて売り切れ状態となっています。価格はヘッドセット単体が499ドル(約56,000円)、コントローラー等が込になったフルパッケージが799ドル(約9万円)となっています。クラウドファンディングは11月4日まで行われます。

(参考)
Road to VR / Pimax “8K” Surpasses Oculus Rift as Top VR Headset Kickstarter Project, $2.45M Raised So Far(英語)
https://www.roadtovr.com/pimax-8k-surpasses-oculus-rift-top-vr-headset-kickstarter-project-2-45m-raised-far/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: PimaxPimax 8K

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。