全てがオープンソースなVRヘッドマウントディスプレイ「OSVR」開発者版、出荷開始

PC機器メーカーのRazer社が中心となって開発中のVRデバイス「OSVR」が出荷を開始しました。

osvr-gallery-v3-01

OSVRは、ハードウェアもソフトウェアもオープンソースであることを謳っているVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)です。Razer社を始め、周辺機器やゲームの開発チームなどが参加し、進めているプロジェクトです。
性能的には1920×1080の振るHD解像度、視野角100度とOculusr Riftの開発者版DK2と同程度ですが、オープンソースであるため、デバイス自体もそして開発用のSDKすらも自由に改造することが可能です。

今回発売されたのは、開発者向けの「Hacker Dev Kit」3種類です。基本構成となる「Hacker Development Kit 1.0」は199.99ドル(約2万4000円)、ディスプレイが液晶からOLED(有機EL)に代わり、顔へのフィット感が向上した「Hacker Development Kit 1.1」も同額の199.99ドル、プレイヤーの位置をトラッキングするカメラと専用のパネルが含まれた「Hacker Development Kit 1.2」は299.99ドル(約3万6000円)となっています。

イメージ666

セットだと安くなりますが、画面の変更や顔へ当たる材質の変更などはオプションでも行うことができ、今後150度の高視野角のレンズへの変更などもできるようになる予定です。

Oculus Riftや他のVRHMDとは異なり、オープンソースという道でVRHMDに取り組んでいるOSVR。拡張性の高さが最大の特徴です。

今回の出荷を受けて、今後どのような拡張性を備えたデバイスが登場するのか楽しみです。

(参考)
OSVR公式(英語)
http://www.osvr.com/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/