Oculus Riftサマーセールが終了、価格は63,800円に

PC向けVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)Oculus Riftのサマーセールが終了し、セール後の国内価格が明らかとなりました。改定後価格は63,800円(税込、送料込)。改定前の76,600円(税込、送料込)から、1万円以上の値下げとなっています。

段階的に値下がってきたOculus Rift

Oculus Riftは、2016年3月に599ドル(日本では94,600円)で発売されました。同12月に発売されたTouchコントローラーは199ドル(日本では23,800円)となっています。

Oculus RiftのTouchコントローラーのセットは徐々に値下げを行い、2017年7月10日から開催されていたサマーセールでは、当初の半額以下であり直前価格よりも2万円以上安い50,000円で販売されました。

これまでの価格の推移は以下のとおりです。

年月

セット価格(ドル)

セット価格(円)

2016年12月

798ドル

107,600円

2017年3月

598ドル

76,600円

2017年7月
(サマーセール)

399ドル

50,000円

2017年9月以降
(サマーセール後)

499ドル

63,800円

PC向けVRHMDは購入しやすくなりつつある

2017年8月21日、HTC ViveはPC向けVRHMDである「HTC Vive」の価格改定を発表しています。改定前の107,784円(税込)から2万円以上の値下げを行い、国内定価84,110円(税込)となっています。

HTC Vive

Oculus Rift

国内価格

107,780円
→84,110円
(8月21日以降)

76,600円
→63,800円
(9月5日以降)

国外価格

599ドル

499ドル

ハンドコントローラーの有無

同梱

同梱

これらの値下げに加えて、2017年末にマイクロソフト社が発売を予定しているPC向け「MRヘッドセット(没入型MRヘッドセット)」はハンドコントローラー別でおよそ40,000円(税込)からと推測されており、PC向けのVRを体験する敷居は下がりつつあるようです。

(関連記事)
日本マイクロソフト、MRの法人向け活用支援へ体制強化 PC向けヘッドセットは年末商戦に投入
・マイクロソフト「MRヘッドセット」徹底解説
・Windows MRヘッドセット、第一陣は10月17日発売

関連するキーワード: Oculus Rift

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!