Oculus、製品版Riftが動作するPCを見分けるための「Oculus Ready」を発表

9月24日(日本時間25日)、ロサンゼルスで開催中のOculus Connect2にて、Oculus社は、2016年第1四半期に発売される製品版Riftが動作するPCに認証を与える仕組み「Oculus Ready」を発表しました。

DSC_0159

今後、RIftが動作するPCには「Oculus Ready」のマークが目印としてつきます。本システムはRiftの駆動に最も深く関わるグラフィックボードを製造するnVIDIAとAMD、CPOUメーカーのインテルとの協力のもと、Asus,やDell,AlienwareといったPCメーカーと協同して取り組むものです。

Oculucは、Oculus ReadyのマークがつくPCを今後1000ドル(約12万円)以内で提供すること、協同するPCメーカーはさらに増えることを明らかにしています。

(参考)

Oculus Connect 2: Consumer Gear VR, Minecraft, and more!
https://www.oculus.com/en-us/blog/oculus-connect-2-consumer-gear-vr-minecraft-and-more/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ