Oculus、製品版Riftが動作するPCを見分けるための「Oculus Ready」を発表

9月24日(日本時間25日)、ロサンゼルスで開催中のOculus Connect2にて、Oculus社は、2016年第1四半期に発売される製品版Riftが動作するPCに認証を与える仕組み「Oculus Ready」を発表しました。

DSC_0159

今後、RIftが動作するPCには「Oculus Ready」のマークが目印としてつきます。本システムはRiftの駆動に最も深く関わるグラフィックボードを製造するnVIDIAとAMD、CPOUメーカーのインテルとの協力のもと、Asus,やDell,AlienwareといったPCメーカーと協同して取り組むものです。

Oculucは、Oculus ReadyのマークがつくPCを今後1000ドル(約12万円)以内で提供すること、協同するPCメーカーはさらに増えることを明らかにしています。

(参考)

Oculus Connect 2: Consumer Gear VR, Minecraft, and more!
https://www.oculus.com/en-us/blog/oculus-connect-2-consumer-gear-vr-minecraft-and-more/

新発表、レポートなどOculus Connect23関連の記事はこちらからご覧いただけます。

Oculus Connect2特集

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/