ディズニー、VR映像制作会社のJauntに6,500万ドルを投資

360度全天周で実写のVRコンテンツを制作しているJaunt社は、ディズニーから6500万ドル(約78億円)の出資を受けることを明らかにしました。

Jaunt_logo_CMYK_Dark-1021x580

海外では、VR業界及びその周辺分野には積極的に投資が行われています。その中でも、最も盛んなのは、360度動画など没入感のあるコンテンツ制作です。
Jauntはすでに、昨年8月には2780万ドル(約33億円)の資金調達を行っており、今回新たにディズニーから調達したものと合わせると総額は1億ドル近くにのぼります。

Jaunt社は、ポール・マッカートニーといった有名アーティストのライブやABCニュースとのコラボなど、革新的な360度映像の制作に取り組み、様々なVRのプラットフォームで体験できるようにコンテンツを提供しています。彼らはさらに現在、奥行きのある立体視専用のカメラNEOを開発しています。

paul-maccartney-jaunt-vr-virtual-reality-cinematic-vr-oculus-rift

この出資を受け、Jauntのコンテンツ制作はさらに加速することは間違いないでしょう。

(参考)
Road to VR / Disney Leads $65 Million Investment in Jaunt’s VR Camera & Content Business
http://www.roadtovr.com/disney-leads-65-million-investment-in-jaunts-vr-camera-content-business/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/