iPhoneのAR機能でカメラをかざすと矢印で道案内 「マップ」への対応に期待

AR技術を使い、現実の空間に矢印を表示してガイドする機能が期待を集めています。

2017年秋にリリースが予定されているiOS11の目玉アップデートといえば、iPhone単体でARを動かすことができるAR機能です。このAR機能が純正の「マップ」アプリでも使用されるのではないかと考えられています。

iOS開発者の Felix Lapalme氏は マップアプリのパッケージを調べて、アップルがターンバイターン方式でARを活用しようとしているかどうかを調べてたところ、“3Dの矢印”のデータを発見したとのこと。

ターンバイターン方式とはナビゲーションシステムの一種で、交差点などで音声や矢印アイコンによって道案内をする方式で、欧米などではカーナビゲーションの方式として初期から取り入れられています。

この”3D矢印データ”だけでは、既存のマップで使用される可能性も大いにありますが、 Felix Lapalme氏がソースコードを読んでいたところ、”歩行時に顔の前でスマートフォンを傾ける指示”  がコードに含まれていることを発見しました。

実装が確定的かどうかは不明ですが、アップルが純正の「マップ」アプリにAR機能を搭載し、リリースする可能性があることがわかります。

マップ+ARの可能性

アップル純正のマップアプリ以外でも、サードパーティの開発者が開発しているARマップアプリも存在しています。

開発者であるAndrew Hart氏はARを表示するためのARKitと、ユーザーの位置を検出することができるCore Locationを組み合わせ、ARで道案内をしてくれるアプリの動画を公開しています。

動画では、”スターバックス”と検索し、現在地からスターバックスコーヒーまでの道のりをARで表示しています。

iPhoneにAR機能が搭載されるのは2017年秋の次期iOS11へのアップデートのタイミングになります。ARを使ったナビゲーションアプリの登場に今後期待したいところです。

(参考)
Apple could guide you around your city using augmented reality/Techcruch(英語)
https://techcrunch.com/2017/08/16/apple-could-guide-you-around-your-city-using-augmented-reality/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: ARKitiPhone AR

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki