VRアプリ制作ツール『InstaVR』Daydream、Oculus Rift対応を発表 新型Gear VRコントローラでも操作可能

InstaVR株式会社は25日、VRアプリ制作ツール『InstaVR』がHTC Viveに続き、DaydreamとOculus Riftへの出力に対応したことを発表しました。

Daydream付属のコントローラやGear VR新型コントローラでの操作にも対応しています。

『InstaVR』は、ゲームエンジンやプログラムコードが不要で直感的な操作で360度画像・動画を使用したWebベースのVRアプリの制作や配信が行えるツールです。Web・iOS・Android・Gear VR・Google Daydream・HTC VIVE・Oculus Riftなどの端末にワンクリックで配信することが可能となっています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=3sZItLZIU1s

公開された動画では、Daydreamアプリのコントローラーによる操作例が紹介されています。部屋全体を見回すことができ、コントローラー操作によって各部屋へと移動が可能です。

以前MoguraVRでは、InstaVRのCMO小島英揮氏と、福祉施設でのVR活用の開拓を行っている登嶋健太氏による「VRを普及させるエコシステムの作り方」などの対談のモデレーターをしました。

(参考)
https://www.atpress.ne.jp/news/129224

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ